悲しいことに世の中はウソやフェイクだらけであり、見る目を養わないと簡単にダマされてしまいます。

明らかに間違ってる商品や表示の例をご紹介します。

 

You Can’t Trust Anything You See in the World

1.

右のパッケージ「大きな新サイズ」
(並べなきゃバレなかった)

2.

黄色いボトルに「ケチャップ」
(じゃあ後ろの赤いのは!?)

3.

「このラインで折れると思うでしょ?」


(ウソだったー)

4.

「←ここから開封してください」

[画像を見る]
(これもウソだったー)

5.
[画像を見る]
「スパイダーマン・コスプレ」
(ぴちぴち)

6.
[画像を見る]
「赤いボタンを押す→」
(これ以上ないくらいに緑)

7.
[画像を見る]
「指紋耐性あり」
(べったり)

8.
[画像を見る]
「サーティーン」
(12)

9.
[画像を見る]
「通販で買った服」
(体型の問題では……)

10.
[画像を見る]
「オレンジ」
(オレンジじゃなかった)

11.
[画像を見る]
「クリスマスツリー」
(理想と現実)

12.
[画像を見る]
「全品1ドル」
(あちこちに2ドルの札)

13.
[画像を見る]
「クッキー」
(理想と現実)

14.
[画像を見る]
「2キャンドル」
(むしろ1本得してる)

15.
[画像を見る]
「種無しスイカ」
(見えてる)

16.
[画像を見る]
「簡単にはがせる」
(綺麗にとは書いてない)

17.
[画像を見る]
「スーパー・クリーン」
(もうちょっと汚せばそれすらも見えなくなる)

18.
[画像を見る]
「ミックス野菜」
(ニンジンはどこ!?)

19.
[画像を見る]
「ドアじゃない」
(いや、ドアだし)


以上19点。

ダマされないためにも物事を見抜く目を養いましょう。

【「世の中ウソばっかり!」決定的に何かが間違ってる例いろいろ】を全て見る