Doctors Me(ドクターズミー)- 【医師が解説!】おしゃべりまであと少し?赤ちゃんの「クーイング」ってどんなもの?

写真拡大

赤ちゃんが言葉を発する過程で「クーイング」という音を発する時期があります。
今回はこのクーイングの意味や大切さなどについて、医師の話を聞いてきました。

クーイングとは?

まだ話しはじめる前の小さな赤ちゃんが、母音のみで、舌を使わずに音を発するものです。生まれたときからの泣き声とは異なり「アー」「ウー」といった声を機嫌のよいときに発することが多いようです。特に何かを伝えたいということではなく、音を出すことを楽しんでいる状態と考えられています。

赤ちゃんがクーイングを始める時期

赤ちゃんがクーイングを始める時期には個人差がありますが、大体3カ月くらいになると多くの子どもにクーイングがみられるようです。早い子では生後1カ月くらいから見られるケース、あるいは3カ月を過ぎても見られないケースもありますが、どちらの場合も特に心配なものではありません。

クーイングには、どんな意味があるの?

赤ちゃんがクーイングをするのは、発達の段階の一つであり、自分で声が出せるという発見、面白さなどがきっかけになっていると思われます。今後周囲の人に何かを伝えたり、意味のある言葉を発するうえでの一過程といえます。

ママやパパはどう対応すればいい?

赤ちゃんのクーイングが始まったら、会話をするように一緒に赤ちゃんの発する音を真似してあげるとよいでしょう。赤ちゃんはママやパパが同じ反応をしてくれるのが面白いので、音を発することに興味を持ち、周りとコミュニケーションが取れるということが、徐々にわかってくるでしょう。意味のある言葉をしゃべり始めるための、いい練習にもなります。

ママやパパが気をつけるべきこと

赤ちゃんのクーイングが始まるのは、赤ちゃんが周囲を飛び交う言葉に興味を覚え、やがて意味を理解したり話し出したりする第一歩といえます。
この時期、赤ちゃんはアンテナを張り巡らし、周囲の情報を毎日すごいスピードで吸収していきます。荒い言葉や語気の荒い口調は赤ちゃんを不安にさせますし、言葉を話し出したときに、このころに聞いていた言葉を使うかもしれません。できるだけ穏やかな、丁寧な口調を心がけるとよいでしょう。

医師からのアドバイス

赤ちゃんのクーイングは非常にかわいらしく、子育ての中で、パパやママもひと時心が癒されます。赤ちゃんは、日一日と成長していきますので、一緒に過ごせる時間を大切にしていきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)