毎月分配型投信の中でも投資家人気が高い、 「ゼウス[新光US-REITオープン]」のプロの判定は? 分配金が高すぎる投信の減配リスクに備えよう

写真拡大

ダイヤモンド・ザイ1月号では、ザイ読者10人の保有する投資信託が「いい投資信託」なのか「悪い投資信託」なのか、プロに診断してもらう『投資信託診断室』を掲載している。診断してくれたのは、長年投資信託に携わってきた経験を活かし、投資信託を評価するデータベース「ファンド・ラボ」を開発した「投信の窓口」ファンド・リサーチセンター長の植村佳延さん。今回は第3弾として、「安定分配狙いなのに、値動きの大きい投資信託を選択してしまった」という読者の保有銘柄とその診断結果を紹介しよう。

保有投資信託に不安を感じる読者・菅野さん
菅野太郎さん(仮名・神奈川県在住・53歳) 
分配金による安定収入の獲得を目指して、分配金の多い商品を中心にチョイス。蓄えた資金は5〜10年後には使いたい。


★菅野さんが保有する投資信託

◎ゼウス[新光US-REITオープン]
◎トリプルストラテジー
◎ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月)

菅野さんの保有銘柄の診断結果(1)
⇒「ゼウス[新光US-REITオープン]」(保有額の19%)

「ゼウス[新光US-REITオープン]」は、超人気の米国リート型の毎月分配型投資信託です。成績は平均以上ですが、この投資信託が投資先から受け取る利子・配当収入の利回りを大きく上回る分配金を出している点に問題ありです。

 1年の分配金を足元の基準価額で割った利回りが28.3%であるのに対し、基準価額の下落分を差し引いて、1年前の基準価額で割った利回りは、マイナス9.4%。この投資信託の利子・配当収入の利回りはわずか2.7%で、実力以上の分配を出して基準価額の下落が続いています。

 高分配利回りに惹かれたのでしょうが、今の分配水準を維持すると基準価額の下落は止まらず、いずれ減配となる可能性が大きいでしょう。

 2016年10月には「損保ジャパン・グローバルREITファンド」が分配金を150円から60円に大幅減配。これを機に、減配に踏み切るリート型が増えることも考えられます。基準価額の下落を抑えるには減配はもはや不可欠。安定分配を狙うなら分配利回りが適正のリート型投資信託に乗り換えの検討を。

菅野さんの保有銘柄の診断結果(2)
⇒トリプルストラテジー(保有額の74%)

 正式名は「好配当グローバルREITプレミアム・ファンド通貨セレクトコース」。愛称の「トリプルストラテジー」は、リート投資に資源国通貨などの高金利の通貨を組み合わせる通貨選択型で、値上がり益の一部を放棄する代わりに利息を確保するカバードコールも組み合わせていることに由来しています。

 菅野さんが買った2014年9月に200円だった分配金は、4度の減配を経て現在は50円。減配により分配金は払い過ぎではありませんが、値上がり益の一部を放棄するカバードコールを組み合わせているため、基準価額の急回復は期待薄です。安定分配と基準価額の回復を望むなら、カバードコールなしの投資信託に乗り換えるべきでしょう。

菅野さんの保有銘柄の診断結果(3)
⇒ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月)(保有額の7%)

「ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月)」は、新興国の高配当株に投資する毎月分配型投資信託。新興国株全般型の中での成績は平均以下で、新興国株の高配当株に投資する分類の中でも、過去3年の成績で10本中8位、1年の成績で15本中7位と低調です。

 75円だった分配金は購入後2度の減配により、現在は半分以下の30円に。減配したとはいえ、現在の分配水準でも基準価額に対して19.9%もの分配となっています。一方、投資信託が得ている配当収入の利回りは3.5%に過ぎず、依然として払い過ぎの状態が続いています。

 そもそも、新興国株は値動きが大きく、相場悪化時には大きく下落するため、安定した分配を期待すること自体に無理があります。

 さらに新興国株は通貨の値動きも激しく、先進国の経済状況にも影響を受けるため、右肩上がりというよりは循環的な動きに。つまり、売買タイミングが重要なのです。人気で過熱している時に買うのではなく、不人気の時に買うべきで、その特性を知った上で投資するならいいのですが、単に高分配だからと投資するのはいかがなものでしょうか…。分配水準だけに注目するのではなく、投資対象のリスクも理解した上での投資が重要なのです。

ポートフォリオの診断結果は…
安定分配を狙うにもかかわらず
リスク過多の資産構成は危険!

 安定した分配金を狙っているにもかかわらず、分配金を払い過ぎる高分配投資信託ばかりを買ってしまっています。結果、3本中2本が購入時から3〜4度の減配を実施し、半分以下の分配に。「ゼウス」も、現状、分配金を払い過ぎの状態で減配の可能性があります。

 また、「トリプルストラテジー」はカバードコールを組み合わせており、基準価額の回復が難しいでしょう。今のような歴史的な低金利下では、10%以上の分配金を目指すと、思った以上のリスクを取ることに注意すべきです。分配を払い過ぎていない投資信託選びをしましょう。

(※関連記事はこちら!⇒「いい投資信託」「悪い投資信託」をプロがメッタ斬り!悩める読者が保有する投資信託それぞれの評価と投資目的と全体のポートフォリオを徹底診断!)

投資信託に悩んでいる人が駆け込む「投資信託診断室」特集は
ダイヤモンド・ザイ1月号に掲載

 ダイヤモンド・ザイ1月号では、「行列ができる投信診断室」特集の中で、今回登場した菅野さんを含めた、10人の悩める投資信託保有者の診断を紹介している。菅野さんのような安定分配を求める人、ハイリスク・ハイリターンを求める人など、投資信託保有者の運用方針はバラバラで、お悩みの種類も多様。今現在手持ちの投資信託をどうするか決めかねている人は、解決の糸口を見つけられる可能性も高いだろう。

 また、現在今回診断をしてくださった「投信の窓口」ファンド・リサーチセンター長の植村佳延さんが解説する『めちゃくちゃ売れてるマネー誌ザイと投資信託の窓口が作った投資信託のワナ50&真実50』も発売中!全国の書店やアマゾン、楽天ブックスなどで、ぜひチェックを!