Doctors Me(ドクターズミー)- 赤ちゃんは特に要注意!冬場の室内の暖めすぎに潜む危険とは?

写真拡大

これからの季節、冷え込むと小さな赤ちゃんが寒くないか、風邪をひかないかと心配になって、部屋を暖かく保つために暖房を入れるご家庭も多いのではないでしょうか。
しかし、実はよかれと思ってしているむやみに部屋を暖める行為は、赤ちゃんにとって好ましくない状況を作りかねません。
そこで今回は、冬場の室内での赤ちゃんの快適な温度について、医師に解説していただきました。

赤ちゃんを暖め過ぎると命の危険もある?

赤ちゃんは大人とは異なり自分で体温調節をすることがまだ十分にできないので、暖かいお部屋に厚着、厚手の布団やスリーパーなどもかけてしまうと、汗をかきすぎたり、体温が上がりすぎたりして気持ち悪くなり、以下のようなことが起きる可能性があります。

・うまく眠れない
・ぐずりの原因となる
また、おそろしい乳幼児突然死症候群の原因になったりすることもあると考えられています。

乳幼児突然死症候群のリスクが上がるワケは?


室内の温めすぎによって乳幼児突然死症候群のリスクが上がる理由として考えられているのは、
赤ちゃんは体温調節の仕組みが未熟で、新陳代謝が活発で体温も高めであるにも関わらず、室温を上げすぎたり布団をかけすぎたりすると、熱がこもった状態になり、赤ちゃんの体は体温を何とか下げようとして基礎代謝を下げようとします。
このことによって全身の筋肉が弛緩して、まだ大人に比べると不安定な呼吸すら抑制してしまう可能性があると考えられています。この呼吸抑制が続くと低酸素状態となり、乳幼児突然死症候群の原因の一つになるのではないかと考えられています。

赤ちゃんにとって安全で快適な部屋づくりを!

まず、赤ちゃんは体温調節が十分にできないうえ、代謝が活発で汗をかきやすく、体温も高いという体の特性を理解しましょう。
それから、冬場の赤ちゃんに適した室温を知り、こまめにチェックすることが大切で、冬場の室温は22〜23度くらいが赤ちゃんに適した室温といわれています。
ちなみに湿度は60%くらいに保ってあげるのが赤ちゃんにとっては快適な状態であると考えられます。

赤ちゃんには布団をかけすぎない&頭を冷やす

冬場に室内で過ごす場合、例えば布団などは大人より一枚少ないくらいが赤ちゃんにとって快適な状態といえます。 大人用の布団は重いため、必ず子ども用布団を使用してください。
また、足元はある程度暖かく、頭の方は涼しく保ってあげることが大人同様、赤ちゃんにとっても快適といえるでしょう。 

医師からのアドバイス

冬場の室内の温度調節は、赤ちゃんがいる生活では非常に重要なことの一つです。温湿度計を部屋に置くことはもちろんのこと、時々赤ちゃんに触れて、汗ばんでいないか、冷えすぎたりしていないか、手で触れてチェックしてあげることも重要ですよ。

(監修:Doctors Me 医師)