土屋太鳳さんとグランプリ受賞者の平野愛美ちゃん

写真拡大

女優の土屋太鳳さんが12月4日、都内で行われた銀座コージーコーナー「夢のクリスマスケーキコンテスト2016」でグランプリを獲得したケーキを商品化した「Kid's Dream Cake」発売記念イベントに登場。

【写真を見る】生クリームのデコレーションに挑戦する土屋太鳳さん「ぎゃー!うまくできるかなぁ〜。久しぶりだからどうなるんだろう…」

主演を務めたNHKの連続テレビ小説「まれ」で一流のパティシエを目指すヒロインを演じた土屋さんは、久々のパティシエ姿に「パティシエールという職業は、私の人生に影響を与えた職業のひとつなので、また身に着けることができてすごく幸せに思います!」と笑顔でコメント。

生クリームのデコレーションにも挑戦した土屋さん。「朝ドラでやらせてもらいましたが、技術的にも体力的にも難しい技術なので緊張しますが頑張ります!」という意気込みで臨み、「ぎゃー!うまくできるかなぁ〜。久しぶりだからどうなるんだろう…」と、苦戦しつつも楽しそうに作り上げていた。

挑戦後の感想は「シェル(貝)をイメージして作ったんですけど、うーん、これから続けて練習します」とこちらも満面の笑みで回答。

表彰式では、グランプリ受賞者の平野愛美ちゃんが土屋さんとハイタッチをして登場。土屋さんから愛美ちゃんへパティシエール帽と盾が贈呈されると、続いて、クリスマスケーキのお披露目に。「虹の7色があって味も違うので楽しみですね!」と目を輝かせる2人の前に箱に入ったケーキが運ばれ、「せーの!」の合図でケーキがお披露目になると「すご〜い!虹がいろんな色になってる〜」とその場で飛び跳ね、満面の笑顔で会場をなごやかなムードに包んだ。

完成したケーキを見た愛美ちゃんは「まなみ、グランプリ獲ったよ〜!」と終始、ご満悦の様子。デザインしたケーキは“サンタさんがプレゼントを配りやすいように作った虹”がポイントで、土屋さんかは「色鮮やかなケーキだね!」という言葉をかけた。

待ちに待った試食の席では、土屋さん、愛美ちゃん、愛美ちゃんの祖父母が一緒に本物になった“夢のケーキ”を実食。ケーキを食べた土屋さんは「こうやって一緒に食べてると愛美ちゃんの家族になったみたい(笑)。愛美ちゃんの、サンタさんやおじいちゃん、おばあちゃんへの愛情が伝わってくる優しい味!」と絶賛。愛美ちゃんも「虹がいろんな味になっていておいしいです!」と元気よく笑顔で答えた。土屋さんは「冬になって寒くなってきましたが、まなみちゃんと一緒に、心温まる時間を過ごせました!幸せや夢のつまった愛美ちゃんのクリスマスケーキ、是非食べてみてください!予約待ってます!」とガッツポーズでイベントを締めくくった。

イベントを終え、土屋さんは次のように語っている。

「お子様方が考えるケーキってこんなに夢が詰まっているんだなと思いました!虹ってすごい幸せになるので、いろんな人に愛美ちゃんのケーキが届いてほしいなと思いました」

「(ケーキは好きですか?)はい好きです!ショートケーキって日本にしかないオリジナルなんですよ。だから日本の良さも表れていて、愛美ちゃんの優しさがあふれ出ていた“まれ”なケーキでした(笑)」

「(これまでのケーキの思い出は?)去年のクリスマスに姉と弟と3人で、母にケーキを作りました!」

「(今年のクリスマスの過ごし方は?)今年は大学の友人やお仕事でお世話になった方とクリスマスケーキを作れたらいいなと思います!」

なお、キッズドリームケーキ「クリスマス レインボー ケーキ」は12月4日の15時より、全国の銀座コージーコーナー店舗にて限定200台で予約受け付けがスタートしている。【ウォーカープラス編集部/浅野祐介】