やり直してぇ! 約45%の男性はプロポーズに心残りが!?

写真拡大

全国に38店舗を展開する、ブライダルジュエリー専門店、銀座ダイヤモンドシライシは、20歳〜39歳の既婚・未婚の男女500名を対象にインターネットによる『プロポーズ・結婚に関する意識調査』を実施し、その結果を発表した。

既婚男性に対しプロポーズに関する調査を行ったところ、45.4%がプロポーズに心残りがあると回答。その理由としては1位「心に残るようなプロポーズの言葉が思い浮かばなかった(47.7%)」、2位は「緊張してしまい上手く言えなかった(31.8%)」同立で「タイミングをうかがっていたら言えなかった(31.8%)」という結果に。また、プロポーズの際男性が抱えている不安として多かったのは「なんて言葉で伝えればいいかわからない(37.6%)」、「断られるかもしれないので不安(24.0%)」、「相手にうまく伝わるかどうか不安(19.2%)」という意見が多く挙がった。一世一代のプロポーズの際男性が参考にするものを調査したところ、1位「ネット(30.8%)」、2位「友人・知人(13.6%)」、3位「SNS(13.6%)」という結果になった。

【調査概要】
・テーマ:初恋・結婚に関する意識調査
・調査方法:インターネットアンケート
・調査実施機関:株式会社ネオマーケティング
・調査実施期間:2016年11月11日(金)〜2016年11月15日(火)
・対象地域:全国
・対象者:20歳〜39歳男女500名(20歳〜39歳既婚男性125名/20歳〜39歳既婚女性125名/20歳〜39歳未婚男性125名/20歳〜39歳未婚女性125名)

(マイナビウーマン編集部)