旅行デートで彼氏にドン引きしたこと・6つ

写真拡大

自分と違うところに惹かれたはずなのに、「二人の溝」に気付いてショックを受けることも多い旅行デート。そこで旅行デートで恋人の思わぬ一面を発見してドン引きした経験を、社会人女性に聞いてみました。

■自分より家事がうまくてドン引き

・「自分よりうまく洋服がたためる。結婚して、わたしの方が雑とわかったら……怖い」(31歳/学校・教育関連/その他)

・「ご飯を作ってあげようと思ったけど、キッチンにたったとき彼のルールが多すぎて、しまいには、『おかんならこうする』『おかんならああする』って話が出たとき」(27歳/その他/販売職・サービス系)

彼女らしく、かいがいしく彼氏のお世話を焼いてあげようと思ったら、彼氏の方が自分より家事がうまかった……なんてことも。彼女としての立場なし!?

■彼氏がやる気まんまんだったとき

・「パンツがやる気まんまん。一日中そわそわ。やたら優しい」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「普段人任せで、何も決めないのに、いざ二人っきりになるとすごくしたがるとき。そういうときだけリードされても……」(34歳/情報・IT/事務系専門職)

確かに旅行なら「それ込み」なことは予想していても、そこまで盛り上がっているとは予想外? 彼氏がそのことしか頭にないとちょっぴり引いてしまいます。

■寝相が悪すぎる

・「寝相が悪かったり、イビキが異常にうるさいとき。いつも静かな人だとギャップを感じてしまう」(26歳/学校・教育関連/営業職)

・「寝相が悪い。そのせいで自分が寝不足になったから」(26歳/その他/販売職・サービス系)

無意識にやっていることだからどうしようもないけれど、寝不足になる位寝相が悪いとイラッとしてしまうもの。睡眠は女性にとって何より大事です。

■自分一人で趣味に夢中になっている

・「彼の家に泊まりに行ったのに、私のことはお構いなしで艦こればっかりやっていた。オタクなのは知ってたから趣味は否定しないけど、艦娘にばっかり構うのなら何で私を家に呼んだのか」(26歳/情報・IT/技術職)

・「寝る直前までネットに夢中になっていたこと。自分よりもネットに興味があるのではと思った」(34歳/その他/その他)

一日中相手してほしいとは言わないけれど、一緒にいるのに一人の世界に入り込まれると寂しいですよね。これならお泊まりじゃなく、外デートの方がよかったかも?

彼氏の行動の一部始終を目の当たりにしてしまうのが旅行デート。自分の行動とのあまりの差にあきれてしまうことも多いですよね。違いは違いとして受け止めつつ、ここから彼氏と話し合いし、嫌なことは直してもらって巻き返していくしかない?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年8月にWebアンケート。有効回答数202件。25歳〜34歳の社会人女性)