17番のパーパットは惜しくも決まらず「守りに入ってしまった」(撮影:秋田義和)

写真拡大

<THE QUEENS presented by KOWA 最終日◇4日◇三好カントリー倶楽部 西コース(6,500ヤード・パー72)>
連覇を目指す個人戦で最終マッチを務めた堀琴音。韓国チームのイ・スンヒョン相手に引き分け、日本勢唯一となる1ポイントをもぎ取った。チームは15対1の大差で敗れた。
シーズン終了!女子プロ写真館にはオフショット写真が続々アップ
1ダウンで折り返したが「まだまだいけると思っていたし、リザーブに回ってくれた弓美子さんの分もと思って頑張りました」と気持ちを切らさずバックナインで逆転する。だが、先に出た日本勢のほとんどが劣勢に立たされ、15番グリーンにたどり着いたときには日本チームの負けが決まっていた。それでも「私だけは勝たなきゃいけない」と折れることなくプレー。三好名物の難ホール16番パー3もしっかりとパーをセーブした。
しかし1アップで迎えた17番。相手よりも内につけた6メートルのバーディパットを2メートル以上ショートすると、パーパットはわずかにカップをすり抜けて3パット。「今日はグリーン上でも攻める気持ちを持って戦ったのですが、18個プレーしたグリーンのうち唯一あそこだけは守りに入ってしまった。寄せようと考えてしまった」。土壇場で並ばれ、日本勢唯一の勝利とはならなかった。
「勝負の時は攻める気持ちを持たないといけない」と反省した堀。今年は「日本女子オープン」で当時アマチュアの畑岡奈紗に1打差で敗れるなど「悔しいことばかりだった」と語るシーズンは最後も悔しい結果となった。「あの悔しさがあったから」と2016年を振り返ったときに言うために、激動の一年を今後に活かすしかない。
【優勝決定戦の結果】
1:大山志保× 5&4 ○★申ジエ
2:鈴木愛× 4&3 ○キム・ミンソン
3:★笠りつ子× 1UP ○ジャン・スヨン
4:下川めぐみ× 3&2 ○キム・ヘリム
5:菊地絵理香× 3&1 ○コ・ジンヨン
6:西山ゆかり× 2&1 ○チョ・ジョンミン
7:渡邉彩香× 1UP ○ベ・ソンウ
8:堀琴音 引き分け イ・スンヒョン
<ゴルフ情報ALBA.Net>