2日、米ホワイトハウスは、米国政府の台湾問題における長期的な政策や立場に変更はなく、「一つの中国」政策を堅持すると改めて表明した。写真はホワイトハウス。

写真拡大

2016年12月2日、米ホワイトハウスは、米国政府の台湾問題における長期的な政策や立場に変更はなく、「一つの中国」政策を堅持すると改めて表明した。新華網が伝えた。

米国家安全保障会議(NSC)のプライス報道官は2日、「米国は米中間の三つの共同コミュニケを堅く順守する。台湾海峡地域の平和と安定は米国の根本的利益に合致する」と述べた。(翻訳・編集/岡田)