写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●共演者は「自己防衛のため」仲良しに
映画・ドラマ・舞台はもちろんのこと、果てはコントやバラエティのトークやコーナー出演でも強い印象を残していく俳優・ムロツヨシ。公開中の最新映画『疾風ロンド』では、謎の男・ワダハルオを演じ、コミカルな部分を見せただけでなく、アクションシーンにも挑戦した。

映画公開やドラマ放映につきものの「舞台挨拶」「記者会見」という場においては、客席を爆笑の渦に巻き込み、共演者とも深い関係を築く。多くの魅力を持ったムロは、役者としての自分について一体どのように考えているのか。

○怪しさを前面に出さない芝居

――今回は主人公たちを尾行する、ちょっと怪しい役どころでしたが、役作りはどのようにされていたのですか?

大前提として「スキーしか取り柄のない男」というセリフがあるので、スキーの練習はしましたね。人格的な部分では、役作りというよりも台本と現場での相談で作っていきました。監督にも「怪しいを前面に出すお芝居はいらない」と言われていたので、あえて"怪しさ"を意識することはありませんでした。

しかし、普通にやったら怪しく見えたという、私には計算外の感想をいただいています。私には全然わからないんですけども、みんなからはそう言っていただけて(笑)。

――『疾風ロンド』の完成披露イベントでは、ムロさんがその場にいないときでもムロさんの話で持ちきりで、共演者さんともかなり仲良くなられていたのかなという印象でした。

記事にもなっていたんですが、ありがたいことに、志尊が! うちの志尊の淳がね、言っていただいていたみたいで(笑)。この映画の撮影では、夕方には下山しないといけないということもあり、夜ごはんを一緒に食べようという時間がけっこうありました。大倉忠義くん、大島優子さん、志尊くんともけっこう仲良くなれたのは、そこが大きかったですね。撮影の後も濃い時間は過ごしたと思います。

阿部寛さんとは、すれ違いでごはんに行けなかったので残念でしたが、スタッフさんも含めてよく交流をしました。夜の撮影がないので、映画のスタッフさんたちは体力があり余っていたみたいです。

○コツはそっと近づくこと

――最近は映画『金メダル男』『ヒメアノ〜ル』、ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズなどの会見でも、いつも共演者のみなさんと仲が良さそうな様子を拝見しているのですが、仲良くなるコツはあるのでしょうか?

そっと近づくことでしょうか。男性女性構わず、そっと近づきます。多分2〜3回は「イヤ」って思われるんですよ。森田剛くん、大島さんもですが、だいたい4回目くらいに諦めていくんです。「イヤそうな顔をすると、逆に来るんだな」と悟って、受け入れるしかなくなる。仲良くしないとまた僕がそっと寄っていくので、自己防衛の仲良しですね(笑)。

でも受け入れられたら、僕も良い距離感を探しますので、だんだん本当の仲良しになっていきますから。森田くんも諦めてくれましたからね。ずっと心を開いてくれないのは、オダギリジョーですよ(笑)。

――『ヨシヒコ』メンバーでもみなさんでムロさんのお宅に集まっている様子がありましたが、ムロさんの良い距離感がうまく効いているのでしょうか。

ある程度近づくと、僕が本当に寂しがり屋で、「この人は1人にするとかわいそうだな」と思わせるところがあるらしくて。少しずつ相手から来てくれるんですよね。

――寂しがり屋感は出しているんですか?

出してないんですけど、ところどころの空元気がバレてるみたいですね(笑)。みなさん大人ですから、わかってくれた友達が誘ってくれたり、一緒に鍋をしたりしています。

●舞台挨拶で記者席をいじる理由
○フラットな自分を台本に乗せる

――様々な作品に出演されていますが、ムロさんが役者として、求められている部分はどんなところだと思いますか?

役作りをしないところでしょうか。言葉にしたら、「役者としてどうなのか」と思われる方もいるかもしれないですけど、フラットな自分を台本の上に乗せようとしているし、フラットでいてほしいと言われることは多いです。もしかしたら、演出家さんや監督さんが「役作りをしないでください」とお願いするような役者さんが、今まであまりいらっしゃらなかったのかもしれないですね。

最近はみなさんが知ってくれていて、作品にも呼んでくださっている実感はあるんですが、僕も今年で40歳になりましたので、ずっと同じことをやっていても……という気持ちも芽生えています。正直に言いますと、そろそろ変化が必要かなという時期にはいますね。たとえば作り込んだ演技も、どこかみなさんの前でお見せできたらいいなと思うところではあります。

――「フラットでいる」というのは、役者としてずっと思っていたところだったんでしょうか?

20代後半の時から、「ただ立つ」「ただいる」というようなお芝居を目指してきたので、そこはやってきたつもりです。でも、これからどういう意識の違いを自分で持っていくのかは、考えているところです。考えて、今のままでいいと決断すれば、またやっていけばいいですし。

ただやっぱり、飽きられたくはないですよね。「飽きられてもいい」という自分がいるならいいんですが、「飽きられたくないな」と思う自分がいるなら、考えなきゃいけない時期なのかなと思っています。

――それは、40歳になったことが大きいですか?

それもありますし、いま、役者としてごはんを食べられるようになってから3年くらい経っているんです。ずっと、役者でごはんを食べることが第1目標だったのが、達成して3年目になり、次の目標を欲しがっている自分がいます。役者をこの先も長く続けるためには、新しい目標が必要なんだなと思っています。

――いまは役者としてブレイクしたような実感はありますか?

ないですね! でも去年、ネクストブレイクランキングに入ったんですよ。そのランキングは自分以外が20代だったんですけど、僕はその時39歳。これは逆に面白いなと思いました。世間も彼らと同期だと思ってくれているのかなと(笑)。

――ちなみにいつも、舞台挨拶の時に軽く”記者いじり”をしてくださるので、どきっとしています。

舞台挨拶の空気が苦手なんですよ。カメラマンの方とか、無表情でお仕事されているでしょう。ピリピリしている人を笑わせることだけ考えてますから(笑)。はいあの人ピリ、1ピリ2ピリ! みたいな感じで確認して。

あとは「絶対笑わないぞ」と決めている、パソコン持ってる人! あの人たちをいかに笑わせるかは、いつも考えています(笑)。その人が笑うまでしつこく「手が動いてませんよ!」とか、「シャッター音がないですね」とか言ったり。昔は舞台挨拶の場で緊張して何もできなかったので、もったいなかったなという後悔もありまして。

――あれで場の空気が和むのが素敵だなと思っています。

いい意味で、壊していければいいなとは思います。僕がしゃべる時、たまに手が動いてない、休み時間にしてる人もいますから!(笑) いや、手を止めて見てくれているなら嬉しいですよ。「ムロがいるなら舞台挨拶も安心だ」と思っていただけて、少しでも記事にしてもらって、たくさんの人に作品を観ていただけたら嬉しいですよね。

○今後、趣味はスキーに

――最新作『疾風ロンド』撮影中、野沢温泉ではどのように過ごされていたんですか?

やっぱり地元の方とすごく仲良くなりましたね。ジンギスカンを食べに行ったりもしましたし、撮影終わっても遊びに行ったりしました。大倉くん、大島さんとカラオケのある飲み屋さんに行ったりもして、2人も歌ってくれたかな。僕はウルフルズを歌いました。

――ウルフルズ、似合いそうですね。

そういう印象でした? 大きな声でウルフルズを歌う? テクニックに頼らない? テクニックはなく、大声で感情を入れてウルフルズを歌うイメージでした?

――そういうわけでは……! スキーなどもされていましたか?

本番に入ると怪我の可能性があるため、あまりスキーはしないようにしましょうと言われていたんですけど、僕、大倉くん、大島さんの3人はけっこう体力があり余っていたんですよ。だから「滑りたい」という気持ちが募って、大倉くんも大島さんもスキー板一式やボード一式を買っていました。

僕もその流れに乗って一式買って。でも、マネージャーも信用してないんですよ! 「まだ信用してませんよ」「口だけでしょ?」みたいなオーラを出してきて。本当にすごく好きになったので! 暑がりだから雪山が性に合っているんですよね。

――では、もうプロフィールの趣味の欄もスキーに。

もう、書きますよ。僕は手を入れたことはないんですけど、そろそろWikipediaも、うちのマネージャーが書き換えてくれると思います(笑)。書き換えられてなかったら、この記事見た方が手を入れてくださればと思います。

■映画『疾風ロンド』(11月26日公開)
医科学研究所より危険な違法生物兵器「K-55」が盗まれ、慌てふためく主任研究員・栗林(阿部寛)。奪還に動くが、犯人が交通事故で死亡してしまったため、手がかりはほとんどない状態に。犯人の遺品から野沢温泉スキー場を特定した栗林は、スキー場のパトロール隊員・根津(大倉忠義)、スノーボードクロス選手の千晶(大島優子)の協力を得て、「K-55」捜索に駆け回る。

(佐々木なつみ)