3日放送の「ウラマヨ!」(関西テレビ)で、高須クリニック院長・高須克弥氏が、これまでの自身の整形費用を明らかにし、出演者一同を驚愕させた。

番組では、人生の成功者とされる有名人の裏側を明かす新企画で、高須氏がゲスト出演してその経歴をたどっていった。

この中で高須氏は、1998年の53歳のときに、美容整形手術の革新のために自らの施術をした明かす。これまでに400回ほど行い、その手術費は10億円にも上るのだとか。これに出演者たちが驚きの声を上げると、高須氏は「(10億円は)末端価格だから。その大部分は人件費なんで、もとは安いんですよ」と説明したのだった。

さらに、高須氏は実際にカメラの前で、施術による割れた腹を披露した。するとブラックマヨネーズ・小杉竜一は、自分の腹と比較し「めっちゃかっこええ!」とうらやむ様子を見せる。

ちなみに高須氏の見識では、小杉は「いい素材」なのだそうだ。これを聞いた相方・吉田敬は「お前、やってもらえよ」と小杉に施術を勧めていた。

【関連記事】
高須克弥氏 香山リカ氏のツイートに本音「悪意と煽動の意図を感じて不快」
高須克弥氏が持つ意外なカードにスタジオ驚き「これは大事ですよ!」
高須克弥氏 「アメリカ人はバカ」発言に「プロパガンダを鵜呑みにする方がバカ」