「助けてくれてありがとう」毎日飼育員をハグし感謝を表すカンガルーが義理がたい

写真拡大

感謝の気持ちは言葉…では伝えられないので、態度で示すことをモットーとしている、愛らしいカンガルーをご紹介したい。

オーストラリアにある「Kangaroo Sanctuary Alice Springs」は、その名のとおりカンガルーの保護区。

アビゲイル(通称アビ)はここで暮らし始めて10年になる、メスのカンガルーである。

同施設のフェイスブックによると、アビは生後5か月の時、孤児となり保護された。以来、大きくなっても飼育員にギューっと抱きついてくる唯一のカンガルーとか。

既に「保護区の女王」の座に君臨するアビだが、飼育員への感謝の気持ちは決して忘れていない。

「ありがとう」の気持ちを込めたキスと、

The Kangaroo Sanctuary Alice Springs/Facebook

The Kangaroo Sanctuary Alice Springs/Facebook

ハグである。

The Kangaroo Sanctuary Alice Springs/Facebook

The Kangaroo Sanctuary Alice Springs/Facebook

その様子は、同施設のフェイスブックやインスタグラムで度々紹介されている。

thekangaroosanctuary/Instagram

thekangaroosanctuary/Instagram

thekangaroosanctuary/Instagram

thekangaroosanctuary/Instagram

thekangaroosanctuary/Instagram

thekangaroosanctuary/Instagram

最近一部の海外メディアで取り上げられ、改めて注目を集めるアビ。

なんとも義理がたいアビは、これからも飼育員たちの愛情をたっぷりと受け、幸せに暮らしていくに違いない。