世界に一つだけの靴を作る「地球10周」という距離

写真拡大 (全6枚)

ベルルッティをヒモ解く数字 405,544km
1人の職人が1年間に移動する距離

「シュール・ムジュール(ビスポーク) スーリエ」(スーリエとは短靴の意)は、職人との対話から始まる。〜カスタマーの足に実際に触れることによって、より深く理解する〜。これは120年以上続くブランドの伝統儀式だ。

1895年創業の「ベルルッティ」は、見た目だけではなく、足への体重のかかり方、左右の均衡、幅、土踏まずの反り、甲の高さなど、ゲストの足をあらゆる角度から観察し、究極の履き心地を作り上げていく唯一無二のシューメーカーだ。1足の靴を完成させるには、累計約50時間(ブーツの場合は約150時間)という長い時間がかかる。

納期までの6〜9ヵ月の間に行われる打ち合わせは、採寸とフィッティングの3回。採寸を担当する3人の職人たちは、世界中の顧客の要望に対応するため、日々彼らが住む都市を往来している。その移動距離は1人につきおよそ405,544km。

この地球10周分にも相当する数字は、「世界にたった一つだけの靴」を作るためには決して欠かせないものなのだ。

かつての夢は今も世界中を旅している

創業者であるアレッサンドロ・ベルルッティが、イタリアの小さな村セネガリアを出立したのは1882年。その13年後、彼は男性用レースアップ靴の金字塔ともいえる「アレッサンドロ」を創り出す。一枚革で外観上はステッチすらない滑らかなスーリエは、以降ブランドのアイコンとして君臨することになる。その靴のエスプリは、今も職人たちの手によって世界中を旅し続けている。次回の日本セッションは11月後半から。



「ベルルッティ」というブランドは、たくさんの数字でヒモ解くことができる。とくにさまざまな工程を経て作られるビスポークは、その宝庫ともいえる。シュール・ムジュールは4つの手、つまり、シューメーカーとカスタマーの両手からなる作業といわれている。

靴底、裏地の色、シューツリーを決めたあとは、レザーの選択。その後はタトゥー、掻き傷、イニシャル、パティーヌなど多種多様なカスタマイズ工程に移る。


250/靴型職人、型紙職人、裁断職人、製甲職人…。完璧なものを作り上げるためには、さまざまな分野の専門家たちが、あわせて250工程もの作業をする。


50/1足の靴を作り上げる製造期間はおよそ50時間(ブーツの場合は150時間)。なかでも皮革を縫い合わる縫製作業には、半分以上の30時間を要する。


3/アトリエに3人しかいない靴型職人が特別な粗削りナイフで少しずつ削り、採寸したサイズに合わせてスーリエの足型を形作っていく。


12/靴作りに携わるシューメーカーは12人。その職人が、新宿伊勢丹メンズ館1階で行われるポップアップストア(11/23〜12/6)期間中に来日予定。