スイングを変えずに飛距離アップできるミズノJPX900

写真拡大

ミズノは、スイングを変えずに飛距離アップをめざすゴルファー向けに「ミズノJPX900 ドライバー」を2016年11月下旬に発売した。

ゴルファーのスイングを変えずにドライバーの飛距離を伸ばすには、打ったボールのスピン量と飛び出し角を最適にする必要がある。

JPX900は、まずソール部のウエート(6グラム)を自由な位置に固定できるようにし、重心位置を動かすことで、ゴルファーのスイングに応じて最適なスピン量を実現できるようにした。

また、ロフト角を8種類選べる構造にしており、スイングに応じて最適な打ち出し角を実現できるよう工夫している。

価格は75600円(税込み)。