B1A4 ジニョン&サンドゥル「雲が描いた月明かり」の名シーンを再現…“恥ずかしいセリフだ”

写真拡大

B1A4のジニョンとサンドゥルがドラマ「雲が描いた月明かり」の名シーンを再現した。

韓国で3日午後に放送されたKBS 2TV「不朽の名曲」は、歌謡界の“ミダースの手”こと作曲家チェ・ジュニョン特集で飾られた。B1A4のメンバー全員が完全体として登場し、視線を集めた。

MCたちはジニョンに「最近とても反響を受けたドラマに出演した」とし「人気を実感しているか?」と質問した。ジニョンは「人気を実感するというか、たくさんの方が気付いてくださる」と謙遜した姿勢を見せた。

その後、MCたちはジニョンとサンドゥルに「雲が描いた月明かり」のワンシーンを再現してほしいとリクエストした。サンドゥルはラオン役を務め、ジニョンをサポートした。

ジニョンは「少し恥ずかしい台詞だ」とし「全部うっとうしい。雷でも落ちれば」と台詞を言った。そしてサンドゥルは、劇中でラオンがユンソンの懐に落ちた場面を真似し、ジニョンの懐に身を寄せた。ジニョンは「本当に落ちた、雷」と言い、それを見たMCのムン・ヒジュンは「(恥ずかしくて) 僕の手がなくなった」と叫んだ。