6割以上が●●! ぶっちゃけ、男性も育児休暇できれば取りたい?

写真拡大

現代社会では、子育ては母親だけが一任されるものではなく、男性も一緒に取り組むべきものとして認識が高まっています。「男性も育休を取ろう!」という風潮もありますが、実際に育休を取りたい、と思っている男性はどれくらいいるのでしょうか……?

Q.子どもができたら、取れるのなら育児休暇を取りたいですか?

「取りたい」……62.5%
「取らない」……37.5%

働く男性たちに聞いてみたところ、約6割の人が「取りたい」と答えていました。やっぱり、みなさん育児に参加したいと思っているのでしょうか……。では。どうしてその回答を選んだのか、さらに詳しく見ていきましょう。

<「取りたい」派の意見>

■女性だけに任せてはいけない

・「母親だけが育児の負担を押し付けられるのはおかしいと思うから」(35歳/建設・土木/技術職)
・「パートナーだけに育児を負担させるのはよくないと思うため。親は平等に子どもを育てるべきで、片方が負担することではないから」(33歳/情報・IT/クリエイティブ職)

育児は非常に大変な労働です。職場に通い、週休二日制の生活をするよりも、はるかにきついものかもしれません。それを女性一人だけに押し付けるのは、やっぱり間違っている、と考えている男性は少なくないのですね。

■子どもの成長を身近で感じたい

・「わが子の幼少時代は見守りたいから」(28歳/その他/その他)
・「『子どもは3歳までにかわいさを振りまき親を幸せにする、そして親はそれを糧に子どもを育てて行く』というような格言を聞いたことがあるから。なのでそんな時間を大事にしたい」(38歳/その他/技術職)

仕事にかまけていて、自分の子どもの一番かわいいときを見逃してしまう人もいるそうですからね。年を重ねてから後悔しないためにも、ここでちゃんと育児に参加することが大事になるのでしょう。

■せっかくあるのだから

・「せっかくの制度なので活用したい。でもうちの社内の男性で取った人はいない」(37歳/自動車関連/事務系専門職)
・「取れる制度ができたのだから利用したい」(31歳/医療・福祉/専門職)

男性の育休制度を作っている会社はだんだんと増えてきました。会社が推奨しているのであれば、家庭と後進のために積極的に使っていきたいものですね。

では次に、「取らない」を選んだ男性たちのコメントを見ていきましょう。

<「取らない」派の意見>

■お給料が……

・「自分しか働いていないので、給料がこれ以上減ったら困る。現給保証してくれるなら考える」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「給料が減ったら食べていくことができないから」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

ギリギリの収入でやりくりしている家庭にとって、大きな収入源を失うことは大変な痛手でしょう。育児に参加したくても、なかなかそれはかないませんね。

■会社が……

・「会社の制度としてはあるが男性は取りづらい雰囲気があるから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)
・「制度は許しても会社は許容できてない」(32歳/食品・飲料/技術職)

制度としては用意してあるけれど、そこで働く人たちがそれを受け入れていない、という環境は非常に多いと思います。「育児のために休むなんて」という風潮が根強いのでしょう。

■その後のことを考えると……

・「復帰した後が大変そう。仕事のやり方も色々変わっているだろうし、また元のようになじめるかどうか心配」(32歳/学校・教育関連/専門職)
・「自分の昇進、出世が遅れると思うから」(29歳/金融・証券/専門職)

育休を取り、しっかり育児をしてから職場復帰することになったとしても、以前と同じように働けるかどうかはわかりません。評価が下がる恐れがあるのなら、怖くて休みを取るだなんてことはできませよね。

■まとめ

肯定的な男性たちはいいですが、否定的な男性たちのコメントを見ていると、「女性だって同じなのに……」とちょっと思ってしまいますね。職場を離れづらいのも、復帰後が気になるもの一緒です。パートナーにするのなら、自分の仕事のこともちゃんと尊重して、考えてくれる人がいいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数104件(22〜38歳の働く男性)