I.O.I、最後のバラエティ番組「知ってるお兄さん」に出演…“涙のお別れ”

写真拡大

ガールズグループI.O.Iが解散前の最後のバラエティ番組として「知ってるお兄さん」に出演し、お互いへの友情をアピールした。

3日に韓国で放送されたJTBC「知ってるお兄さん」には、I.O.Iが転校生として出演した。「知ってるお兄さん」はI.O.Iが最後に出演するバラエティ番組となった。I.O.Iが1年間の活動を終了し、解散することになったのだ。

この日、「私を当ててみて」コーナーでメンバーのキム・チョンハは「私の最後の願いは?」という質問をした。続いて彼女は、記念日を作りたいと打ち明けた。そしてその日には何があってもメンバーたちで集まりたいと言った。メンバーは彼女の言葉に共感し、今記念日について話し合っていると言いながら感激した表情を見せた。

そんな中、チェ・ユジョンがリーダーイム・ナヨンに対する苦情を打ち明け、雰囲気が重くなった。チェ・ユジョンは、食事をしている自分を待ってくれないイム・ナヨンが寂しかったと言い、イム・ナヨンは困惑した表情を隠せなかった。キム・ドヨンも加わった。自身がスンデ鍋を食べられないことを他のメンバーたちが知りながらも、スンデ鍋を注文したと苦情を言った。

実はこれはキム・セジョンが企画したドッキリカメラだった。I.O.Iのために努力したリーダーイム・ナヨンを驚かせるためのサプライズだったのだ。イム・ナヨンは結局涙を見せ、他のメンバーも彼女を抱きしめて涙ぐんだ。メンバーたちはイム・ナヨンに素晴らしいリーダーだったと言いながら感謝の気持ちを伝えた。

I.O.Iに卒業証書を授与するコーナーでは、それぞれのグループと事務所に戻ることになったメンバーたちが涙を見せた。苦楽を共にした彼女たちがそれぞれ違う道に進まなければならない時間が近づいたのだ。

キム・セジョンは「卒業をするために一緒に歩いてきたし、一緒に良い時間を過ごした」と、思い出を共有したことに対する特別さに言及した。続いて「これから見せることが多い子たちなので、もっといい姿を見せるために努力する」と付け加えた。