SHINee ミンホ、防弾少年団 Vの悩みに「可愛い弟だ」

写真拡大

防弾少年団 Vが「花郎(ファラン)」出演俳優たちへの憧れを表した。

韓国で3日に放送されたKBS2「芸能街中継」では、19日に初放送を控えたドラマ「花郎」の出演俳優パク・ソジュン、ZE:A ヒョンシク、SHINee ミンホ、ト・ジハン、チョ・ユヌ、防弾少年団 Vとのインタビューの模様が描かれた。

この日彼らは、「放送と実際の姿が最も異なる人」を尋ねた質問に全員一致でVを指名した。

パク・ソジュンは「テヒョン(V) は男らしくいたいと思っているみたいだ。(インタビューなどで) 男らしい口調で話すが、実際には愛嬌が多い」と説明した。

これに対してVは、「(身体が) みんなマッチョなのを見ると、僕も男らしくなりないという思いがある。かっこよくなりたい」と告白して笑いを誘った。Vの言葉にチョ・ユヌは「そんな悩みがあったのか」と、ミンホは「可愛い弟だ」と笑った。

Vはこの日、実際に愛嬌を見せてくれたりと、雰囲気を盛り上げた。