左から成海璃子、松雪泰子、橋本愛

写真拡大

松雪泰子主演『古都』が12月3日に公開となり、新宿ピカデリーで行われた初日舞台挨拶に松雪をはじめ、橋本愛、成海璃子、伊原剛志、葉山奨之と、エンディング曲を担当した新山詩織、Yuki Saito監督が登壇した。

松雪泰子主演映画『古都』のポスターと予告編が解禁!

本作は、1962年に新潮社より刊行された川端康成「古都」の現代版として、原作では描かれなかった、大人になった主人公たちの物語を映像化。京都伝統の呉服屋で生きる姉と北山杉の里で働く双子の妹を主演の松雪が一人二役で演じ、それぞれの娘役で橋本愛と成海璃子が共演した話題作だ。

11月26日から舞台となった京都での先行上映が行われている本作。主演の松雪は「京都の方からも温かい笑顔で迎え入れていただき嬉しかった。1ヵ月間の撮影中、スタッフの方たちと濃密な時間を過ごし、一生懸命取り組んだ作品だったので受け入れていただいたような気持ちになった」と感慨深げ。

「かつての『古都』とは違う切り口で描かれているが、川端康成先生の文学に表現されている京都の美しさ、自然の豊かさ、情緒、土地に生きる人々の純粋性というものが表されていると思う。改めて日本文化の素晴らしさと奥深さを体感していただける作品になった。全国のみなさまのもとへ届けていきたい」と主演作に自信を見せた。

松雪演じる佐田千重子の娘・舞を演じた橋本は「舞は、自分の意志や芯という確固たるものがまだ見つけられていない過渡期にある女の子だったので、演じている間ずっとフワフワしたような、水の中にいるような浮遊感の中お芝居をしている感覚がありました。母親から言われて続けてきたお稽古事や日常に溶け込んだ習慣の大事さ、経験が尊いものなんだと気付くシーンは印象深い」と自身の役どころについて説明。

千重子の双子の妹・苗子の娘を演じた成海は「結衣は自分の才能を確かめるため、世界に挑戦する役柄で、そこは素晴らしいと思う」とコメント。「自分のことを過信する時期や、現実を思い知るという気持ちは誰にでも経験があることだと共感でき、それでこの役を演じてみたいと思った」と続けると、松雪は「私自身は彼女たちくらいの年齢の頃、できるかどうかわからなくても、やりたいことに向かって突き進むタイプだったので、(結衣の役柄に対して)かつての自分を見ているような気持ちになった」とほほ笑んだ。

松雪は最後に「日本人の精神性、文化の豊かさ、なくしてはいけない伝統産業といったものを守るためは、次の世代へと伝えていくことがやはり重要だと思う。私自身、どのような形で文化を若い世代へ渡していくかを模索している。作品を通して、人から人へつないでいくことや家族と向き合うこと大切さを感じてほしい」と述べ、「川端先生の文学のように言葉から情景が絵画のように広がって行く感覚を映画でも体感していただければ」というメッセージを送った。