入江田翔太●東京大学建築学科卒。2009年にマジックの世界で最も歴史のある団体、S.A.M世界大会のテーブルマジック部門で優勝。著書に『かんたんなのに超ウケる! 東大式トランプマジック』。

写真拡大

プロマジシャンの入江田翔太さんに、忙しいビジネスマンでもすぐに覚えられるよう、簡単なマジックを考案してもらいました。

■盛り上がっても一回で切り上げる

「簡単に覚えられ、準備するものも少ないマジック」というお題をいただき、3つのマジックを考えました。詳しくは各ページをご覧いただきたいのですが、ここではマジックをするうえでの注意点をお伝えしましょう。

初心者の方がよくやってしまうのは、「タネを見破られないように」という意識が強く働きすぎて、タネがある部分をギュッと握ってしまったり、無意識に見てしまったりすること。これでは、相手にタネ明かししているようなものです。キーになるのは、相手の注意をタネとは別のところに向けることです。もし見られたくない部分があったら、別に注意点を作ってしまえばいい。例えば、左手にタネが隠れているなら、右手を上げると相手の注意はそちらにいきます。マジシャンが「ここは重要です!」と動きを大きくしているところをお客様は注目するものなのです。

もう一つ重要なことがあります。マジックは相手に言葉で状況を説明することが多いのですが、その言葉を何回発するか、またどのような言い方にするかが非常に大切です。わざとらしいくらいに、いかにも「何か隠れてるぞ」と演技することも、成功の要素になります。ジェスチャーだけで説明や指示を出すのは、言葉を使うよりも難しいので、初心者は特に言葉をうまく使いましょう。例えば、「ここに100円玉がありますね、100円玉です」と、ゆっくり2回言うだけで、相手に強調していることが伝わります。

マジックは手技もセリフもありますから、上達には練習が不可欠。スマホの動画機能などを使い、自分のマジック風景がどう見えるのかを客観的にチェックしてもいいと思います。

宴会の席でタネがバレても、それはそれで盛り上がるものですが、同じマジックを2回やるのはご法度です。今回教えるマジックはどれも簡単なものばかりですから、調子にのって続けてしまうと、「なーんだ、そんなことか」と場が白けてしまう可能性が否めません。どんなに盛り上がっても、「私の余興はこれでおしまい。来年をお楽しみに!」と切り上げましょう。

■マジック1:驚愕! 名刺に記した図形が大変化!

どんなマジック?●ペンで名刺に描いた図形を、星形に変える
用意するもの●名刺の束、平ゴム(名刺の束を巻く)、ペン

(1)相手に図形を思い浮かべてもらいながら、名刺の束を見せ、下側に名前(イニシャルでも可)を書いてもらう。

(2)思い浮かべた図形(ここではハート)を相手から聞き、その図形を名前と逆側に描きます。

(3)ゆっくりと一番上の名刺を抜き、名前・図形が描かれた面を下にして、相手の手の平に置きます。次に、名刺を少しめくりながら、相手に名前部分を確認してもらいます。
※このとき、図形が見えないように注意!

(4)相手の手に名刺を挟み、自分の手を重ねて、呪文をかけたら、相手の手の平に名刺をひっくり返して見せます。

▼タネあかし
ハートを描いた名刺は、半分にカットしたもの。事前に半分に切って、名刺の一番上にセットして平ゴムで挟んでおく。その下にあらかじめ★を描いた名刺を重ねておく。(3)ではハートの名刺は残して、名前と★が描いてある名刺だけを抜きます。

相手がイメージした図形が★の場合:(2)のように相手がイメージした図形をペンで描くことはしません。この時点で名刺の束の上に手を置き、「では、名刺に念を送ります」と言って間を置き、「あなたがイメージした図形はこれですね」、と言いながら、相手の名前の名刺(あらかじめ★を描いておいた名刺)を抜き、相手に見せます。マジックはここで終了。

■マジック2:的中! 予言されたコイン

どんなマジック?●相手が選んだコインと、あらかじめ湯呑に入れておいたコインが的中
用意するもの●500円・10円×各1枚、100円×2枚、湯呑など中が見えない入れ物

相手に見えないように、裏返した湯呑の中に、あらかじめ100円をセットしておく。湯呑の横に500円、100円、10円を置き、相手にいずれかを選んでもらう。

▼相手が100円を選んだ場合

選んだ100円を自分の手の平に置いてもらい、逆の手で湯呑をひっくり返し、中の100円を披露する。

▼相手が500円を選んだ場合

500円を自分の手の平に置いてもらい、さらに相手にコインを選んでもらいます。

<500円の次に10円を選んだら……>

相手が自分の手の平に置いた10円と500円をテーブルの隅に置く。「テーブルの100円。実はこれがあなたが無意識に残した100円です」と言いながら100円を手に取り、湯呑をひっくり返し、100円を披露する。

<500円の次に100円を選んだら……>

自分の手にある500円と100円を指差し、さらに相手にどちらか選んでもらう。

▼相手が500円を選んだら

「最後、この手に100円が残りました」と言いながら、湯呑にある100円を見せる。

▼相手が100円を選んだら

相手の手にある100円を指差しながら、湯呑の中の100円を見せる。

▼相手が10円を選んだ場合
10円を選んだときは500円と逆の流れで進める。10円を自分の手の平にのせ、さらに相手にテーブルのコイン500円か100円のどちらかを選ばせる。相手が500円を選んだら、テーブルの100円を指差し、「僕の予言も100円です」と湯呑をひっくり返して100円を披露。一方、100円を選んだら、自分の手の平にある100円と10円を指差し、相手にどちらかを選んでもらう。100円を選んだら、「あなたの手に100円があります。そして、僕の予言も100円です」と、湯呑にある100円を見せる。10円を選んだら、「最後、僕の手に100円が残りましたね。そして、僕の予言も100円です」と湯呑の中の100円を見せる。

▼タネあかし
湯呑に入れた100円玉と相手の選択したコインが一致するように誘導します。ポイントは考えさせずにスピーディにコインを選ばせること。相手がコインを選択したら、堂々としたセリフ回しを。

■マジック3:瞬息! 消えるペン

どんなマジック?●3回ペンを振り下ろしたとたん、ペンが消える
用意するもの●軸が細いペン、コイン

(1)相手の手の平にコインを置きます。自分はペンを軽く持ちます。

(2)「1回、2回、3回と、ペンであなたの手の平をタップします。3回目でペンを握ってください」と相手にお願いします。「1、2、3」で次の瞬間、相手がペンを握ったら、「これは練習です。次は本番ですよ」と緊張感を高めます。

(3)「ゆっくりやりますから、見ていてください。1、2、3」と言いながら、ペンを上下に振る。

(4)3回目に相手の手をタップする瞬間、ペンが消えます。相手はペンを握ることなく、コインだけを握ります。

▼タネあかし:実は、ペンを自分の耳にかけている

ペンで相手の手を3回タップするとき、しっかりと耳まで振り上げることが大切です。相手の手の平にあるコインをあなたが見れば見るほど、相手の注意はそちらにいき、耳にかけようとしていることが、バレにくくなります。飲み屋で行う場合、ペンではなく割りばしでも盛り上がります。またコインを消しゴムや付せんに変えればオフィス仕様に。

(浦澤 修=構成、文 大森大祐=撮影)