3日、中国外交部の耿爽報道官は、トランプ次期米大統領と台湾の蔡英文総統が電話会談したこと受け、米国に抗議したことを明らかにした。資料写真。

写真拡大

2016年12月3日、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は、トランプ次期米大統領と台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が電話会談したこと受け、米国に抗議したことを明らかにした。新華社が伝えた。

耿報道官は「世界にはただ一つの中国しかなく、台湾は中国の不可分の一部であり、中華人民共和国政府は中国を代表する唯一の合法的政府だ。これは国際社会が公認する事実だ」と主張。米国に対し「一つの中国の原則は中米関係の政治的基礎だ。中米関係の大局が不必要な干渉を受けないために、一つの中国の原則を守るよう求める」と述べた。

中国の王毅外相も同日、今回の電話会談を「台湾側の小細工」だと批判した上で、米国政府が長年堅持してきた「一つの中国」政策を変えることはできないと述べた。(翻訳・編集/柳川)