論語の新篇を発見か(孔子像)

写真拡大

 中国の思想家で、後世に大きな影響を与えた孔子の言葉をまとめた「論語」のなかの2篇とみられる竹簡が新たに発見された。これが論語の新篇だと認定されれば、歴史上の大きな発見になるとみられる。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。

 論語は、孔子と高弟の言行を孔子の死後、弟子達が記録したもので、「孟子」「大学」「中庸」とあわせて儒教における「四書」の一つ。

 論語には通常3種類あり、孔子の故郷の現在の山東省の南部、魯地方に伝えられた「魯論語」、山東省北部の斉地方に伝承された「斉論語」、孔子の旧家の壁の中から発見された「古論語」。

 篇数や順序もそれぞれで少しずつ違っているが、後漢時代(25〜220年))末期に「魯論語」が現在伝わっている論語としてまとめられている。

 現在の論語は全20篇で構成され前10篇を「上論」、後10篇を「下論」と呼ぶこともある。

 今回発見されたのは3種類の論語のうちの「斉論語」とみられる。論語の新たな内容とみられる2篇の竹簡が発見されたのは中国内陸部の江西省で、西漢時代(紀元前202年〜208年)の王の墓の跡から掘り出された。王の墳墓は4万平方mという広大なもの。

 斉論語と現在の論語は構成が違い、斉論語の方が2篇多い。いわゆる「問帝」(皇帝に問う)と「知道」(道を知る)で、その竹簡が発見されたという。

 この2篇が伝えられなかったのは、秦(紀元前778〜同206年)の始皇帝が行ったとされる孔子の書を焼き、儒者を穴に生き埋めにするという「焚書坑儒」によって失われたからだという。

 それが、偶然にも江西省の王の墳墓から斉論語が発見されたのではないかとみられている。

 これについて、ある孔子専門家は「あらたに孔子の論語のなかの2篇が発見されたことで、孔子研究に新たな要素が加えられ、より正確な孔子像が描かれるのではないか。そうなれば、大きな発見であり学術的にも大きな成果だ」と称賛する。

 しかし、他の専門家は「すでに論語は研究が尽くされており、わずかに2篇が発見されたとしても、全体像からみれば、ほんの一部でしかなく、孔子研究に及ぼす影響は微々たるもの」と学術的成果を低く見積もるなど、評価が分かれている。