昭和ノスタルジーも魅力な「ハトヤ」

写真拡大 (全4枚)

「温泉観光ホテル」と聞くと、昔からある巨大な有名施設を連想する人は多いだろう──。確かにバブル期にはたくさんの団体客で賑わった老舗ホテルだが、その後、不景気による稼働率低迷やサービスの陳腐化などで廃業に追い込まれる施設もあった。

 そして今、温泉ホテルは徹底的に追求したコストパフォーマンスを武器に、生き残りどころか再ブームともいうべき人気を博している。ホテル評論家の瀧澤信秋氏が温泉ホテルチェーンの最新事情をレポートする。

 * * *
 高速道路を走っているとよく見かけるバスがある。ブルーのラインが入ったバスで「湯けむり号」と記されている。鬼怒川や日光、草津や熱川など関東で展開されている「おおるりグループ」の送迎バスだ。都心をはじめ埼玉県、神奈川県の主要駅からの運賃が往復で1000円台とお得だが、施設本体の料金も低廉な設定だ。

 1泊2食に夕食時の飲み放題も付いてなんと6000円以下、しかも繁閑にかかわらず基本的に料金変動しないというから驚きのひとこと。もちろんこの料金設定なので豪華で贅沢というわけではないが、安さ重視の温泉旅を楽しみたいファミリーやグループに人気だ。

 料金変動なしの均一料金チェーンといえば「伊東園ホテルズ」も有名。1泊2食に飲み放題がついて7800円が基本。グルメプランなども展開し、内容重視で充実のステイを提案する。

 このような格安温泉施設に見られる傾向は、バブルの頃に栄華を誇った“温泉観光ホテル”ともいうべき施設のリブランドだ。

 バブル期、温泉旅館といえば高嶺の花であった。社員旅行などの団体客をターゲットに宴会場やカラオケスナック、遊戯場といった様々な施設を有する規模の大きさ自慢も多かった。バブル崩壊後は団体客が減少、個人客相手では商売にならず運営が困難に。廃業も相次いだ。

 そこで、高値の華だった温泉旅行をリーズナブルに提供しようと、温泉ホテルや旅館は低価格路線を追求し始めた。その先駆けといえるのが「一の湯グループ」だ。都心からも近い温泉リゾートとして知られる箱根。その高級なイメージの強い箱根をドミナントエリアとして8店舗展開する。

 1630年創業の現存する老舗旅館が旗艦施設。バブル期にはご多分に漏れず高価格路線であったが、現代表の小川晴也氏は利用者のニーズを徹底研究、低価格路線に舵を切った。1泊2食ひとり1万円前半程度でリザーブできる“客室露天風呂付き”の客室を多く設けるなどバリューも重視、独自のコンセプトで驚異的な稼働率を誇る。

 一の湯にとって低価格路線への転向は賭けでもあった。プライスポイントを下げれば客数が必ず増え、採算は後からついてくるとの仮説をもとに踏み切った。

 その読み通り次第に稼働がよくなると資金繰りも楽になり、さまざまな経費管理で営業利益を確保できるようになった。そうしたビジネス手法はスーパーマーケットやフードサービス業など異業種のチェーンストアオペレーションからも学んだと小川氏はいう。

 一の湯グループの成功は温泉旅館の低価格ブームを巻き起こし、旧来の施設にエッセンスを注入するチェーンが相次いだ。とりわけ独自コンセプトの温泉観光ホテルで、関東圏の在住者に馴染み深いといえば、千葉県で展開されている「ホテル三日月スパリゾート」や静岡県伊東市の「ハトヤ」といった施設だろう。

 ホテル三日月の中でも木更津にある「龍宮城スパホテル三日月」は同グループの旗艦施設だ。東京湾アクアラインを利用すれば都心から約40分でアクセス可能という立地をはじめ、大規模な温浴施設、縁日広場、ダンシングウォーターショーといったエンターテインメントも人気。

 一方、昭和ノスタルジーも魅力というリピーターも多いのが「ハトヤ」。シーサイドに建つ「サンハトヤ」では、ディナーショーや海底温泉、水槽を長めながら入浴できるお魚風呂などアイディアが光るサービスが人気だ。いずれも概ね1万円台前半からリザーブ可能。

 関西で知られる有名施設には「大江戸温泉物語 箕面観光ホテル」がある。全国で約30施設を運営する大江戸温泉物語グループの旗艦施設でもある。こちらも有名観光ホテルが大江戸温泉物語の手により運営されている。

 とにかく建物から設備、サービスまでスケール感の大きさが圧巻。バラエティに富んだ客室や充実した施設、各種エンターテインメントやクオリティの高いバイキング料理など、常識を打ち破る仕掛けに驚く。

 大江戸温泉物語グループでは1泊2食7980円が基本だ。同グループの関東圏における代表的施設が「大江戸温泉物語 ホテルニュー塩原」。昔からの有名な温泉観光ホテルだったところ大江戸温泉物語の運営で再生、年間約23万人が来館、1日平均630人がチェックインするほどの人気だ。

 箕面観光ホテル、ホテルニュー塩原に共通するのは、充実の温泉施設はもちろんのことだが、多彩なエンターテインメントとディナーバイキングだろう。7980円と聞けば、つい安かろう悪かろうと想像してしまうが、クオリティ重視の姿勢を貫く。エンターテインメントも、無料歌謡ショーから縁日、ジャズの生演奏など多彩。

 バイキング料理でも、スタート直前に料理の温度を1品ずつ測り、料理ごとに適した温度で提供できるよう気配りされている。また、グループ全体で食材を大量に仕入れるので、コスパの高いメニューが提供できる。

 同グループでは、品川プリンスホテルの人気ビュッフェ「ハプナ」の元料理部長を料理顧問として招聘し、人気バイキングを作り上げた。食べきれず遊びきれず、また来ようとリピーターとなる。

 このように、各チェーンとも趣向を凝らしたアイディア、サービス提供の努力を続けている。格安チェーンのターゲットは、三世代、ファミリーにカップルやグループ等、老若男女問わず。低廉な料金を実現したことで、旅行に縁遠かった人々の需要を喚起しているのだ。

 こうした料金に納得して予約する利用者は決して完璧を求めてはいない。“それなり”を求めているのだ。多くの人々の温泉旅の機会を創出したせっかくのブーム。目新しいコンセプトやプランはもちろん嬉しいが、サービス合戦により疲弊することのないよう願いたい。

●写真提供/瀧澤信秋