80歳を迎えたが、意気軒昂

写真拡大

 米大統領選の投票日直前、元国務大臣・亀井静香氏とトランプ氏が会談するとの情報がメディアを騒然とさせた。面会は叶わなかったが、“保守本流”を自任する豪腕政治家は何を伝えようと思ったのか。亀井氏が語った。

 * * *
 世界中が米大統領選挙の結果に驚いたけど、俺は2016年5月の時点でトランプ氏が勝つと確信し、その頃からせっせと人脈を構築してきたんだ。

 元々オバマ氏が大統領になったのは、米国の富を独占するエスタブリッシュメントを打ち負かすことを米国民が期待したから。でも、オバマ政権は大した効果を得られず、「裏切られた」と感じた層が今回は雪崩を打ってトランプ氏を支持したんだ。

 ところが選挙中にトランプ氏は、「日本は日米安保にタダ乗りしている」「核兵器を保有せよ」なんてことを言うから、日米関係を正確に認識してもらおうと意見交換を申し込んだ。俺はミーハーじゃないから会うだけじゃ意味がない。

 最低30分は議論したいと申し出ると「それで結構だ」と言うので、大統領選挙前日の11月7日にNYにあるトランプタワー14階の選挙対策本部に乗り込んだけど、選挙直前で現場も混乱して、結局会えなかった。(そこで亀井氏はポケットから花札を取り出して)会談中にこの札を差し出して“トランプ”に対抗しようと思ったのに、残念だったよ(苦笑)。

 今後の日米関係は対等の立場で協力し合うべきだ。日本の科学技術や日本との貿易がなければ、アメリカは立ち行かない。

 俺は自由貿易を支持するけど、TPPのように“米国さまの仰ること”のみに従うのではなく、互いの利益を考えた経済協定を結ぶ必要がある。

 そのためには、「トランプショック」に日本がどう対応するかがカギとなる。トランプ氏は商売人だから海千山千のヒラリー氏より御し易いはずだけど、弱腰で交渉したらアメリカにグイグイ押し込まれてしまう。

 俺は運輸大臣の時(1994〜1995年、自社さ政権)、日米航空交渉でアメリカの言い分を全部蹴った。当時の外務省や外相の河野洋平が「頼むからアメリカの言う通りにしてくれ」と懇願しても一切無視して、結果は100%日本の勝利だった。

 今も外務省はアメリカ一辺倒だ。しかもトランプ氏の勝利を予測できず、選挙中に晋三総理とヒラリー氏の会見しかセットせずトランプ陣営は不快感を抱いていた。まあ、俺が乗り込んで敵対心を解いておいたけどな(笑)。その後、トランプ氏は阿呆なことは言わなくなっただろ?

 晋三総理からも電話があったから、「トランプ氏はレーガン元大統領を崇めている。総理は父親が外相時代にレーガンと会ったはずだからその話題を絡めればいい」と助言したら「はい、わかりました」と言ってたね。

 振り返れば戦後の日本の保守派は、ずっとアメリカの言いなりじゃないか。2015年に成立した安保法制も完璧なアメリカ追従だよ。自衛隊がわざわざ外国まで出かけていって米軍と一緒に戦争をする話なのだから。日本は敗戦とその後の占領政策によって骨の髄までおかしくなってしまった。

 せっかくトランプ氏が「アメリカは世界の警察官をやめる」と在日米軍の撤退をほのめかしているのだから、日本はこの機会を利用して自主防衛に舵を切ればいい。

 中国が軍拡を進めるなか、極東で米軍の存在感が減ることを心配する声もあるが、その発想は前提が間違っている。現在はミサイルが国防の大部分を担う時代であり、軍艦と軍艦が対峙した昔とは違う。

 ミサイル時代を見越して日米が軍事協力をすべきなのに、アメリカは旧時代の軍事戦略のまま沖縄で好き放題やっている。沖縄については、基地返還も見据えて交渉すべきだ。

 尖閣問題だって、あんな岩山ひとつ取るために戦争なんて仕掛けてこないよ。本気で占領して日本と戦争になったら、中国の国益を大きく損なうのだから、尖閣は中国の国内向けのデモンストレーションに過ぎない。

【PROFILE】1936年広島県生まれ。東京大学経済学部卒業後。1962年、警察庁に入庁。1977年に退官。1979年、衆議院議員選挙に自民党から立候補し初当選。運輸大臣、建設大臣を歴任。2005年には自民党を離党し、国民新党を結党。2009年、国務大臣金融・郵政改革担当に就任するも、2010年6月に辞任。現在、無所属。

※SAPIO2017年1月号