すごい豪華! ドラマ「35歳の高校生」より
 - (C)NTV

写真拡大

 2013年に放送された学園ドラマ「35歳の高校生」(日本テレビ)で、主演の米倉涼子が演じていた35歳の高校生・亜矢子のクラスメイト役の俳優が、今や連続ドラマや映画の主役を張っている若手人気俳優ばかりだった! ということで、3年A組の生徒たちを振り返ってみた。

 「35歳の高校生」とは、米倉ふんする35歳にして全日制の国木田高校に通う主人公の馬場亜矢子が、いじめや不登校、生徒が自らを格付けし合う「スクールカースト」など、学生や教師たちが抱えるさまざまな問題を解決していく社会派学園ドラマ。まず注目の人物としては、学校生活になじめずいじめの対象にされ、3年A組におけるスクールカーストの順位は女子最下位の長谷川里奈役で出演した広瀬アリス。リストカットを日常的に行うという、第1話からかなりシリアスなシーンに挑戦し、放送当時は大きな話題を呼んだ。

 そんな里奈とは対照的な、一軍男子グループのリーダー格でスクールカーストトップの土屋正光役は、なんと今やドラマ・映画・CMと引っ張りだこの菅田将暉。亜矢子に対して敵対心をむき出しにするライバル役として、クラスの支配者で問題児な正光を演じ切った。また彼と同じく一軍グループの男子生徒・湯川理役は、月9での活躍が記憶に新しい野村周平。軽い性格でクラスの空気を盛り上げるムードメーカーである一方、人に裏切られることを気にする高校生の繊細な役どころを熱演していた。

 そして何より注目なのは、クラスでは目立たない存在ながらも裏サイトを運営しスクールカーストの順位を決めていた影の支配者・阿久津涼役の山崎賢人である。今では数多く映画で主演を務めている彼だが、本作でもその才能をしっかり披露。物語のカギを握るキーマンを見事に演じ視聴者を魅了した。彼の出世作の一つといえるかもしれない。

 溝端淳平ふんする教師との恋愛を偽造し、彼を辞職へと追い込んだ衛藤瞳を好演したのは、女優・モデルさらにはバラエティー番組のMCとしても活躍する森川葵。また見逃せないのが、亜矢子の少女期を演じていた松岡茉優だろう。今ではバラエティーにも数多く出演しており、トーク力や何でもこなす器用さで共演者から絶賛されている彼女だが、本業の演技力もかなり高い評価を受けており、この時からその片鱗を見せていたのかもしれない。

 その他にも、モデル兼女優として活躍する新川優愛や、NHK大河ドラマなどにも出演経験のある小島藤子、平成ライダーの一人である高杉真宙など、今を時めく俳優・女優もクラスメイトとして登場していたドラマ「35歳の高校生」。現在、映像配信サービスdTVで全話イッキ観ができるとのこと。しかしまあ、この豪華なキャスト陣、もう二度と集まることなどはないのでは……。(編集部・井本早紀)