黒木メイサが「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」に初登場!/(C)テレビ朝日

写真拡大

毎週木曜に放送中の米倉涼子主演ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系)で、12月15日(木)の第10話に、黒木メイサが“ゲスト主演”として出演することが分かった。主演の米倉と初共演する。

【写真を見る】12月8日(木)の第9話では「東帝大」を震撼させる“恐ろしい事実”が発覚!/(C)テレビ朝日

先日第2子の妊娠を発表したばかりの黒木は、既に安定期に入っており、今回は劇中でも妊婦を演じる。

黒木演じる妊婦は、中国の大財閥に嫁いだ女性・十希子。出産のため、フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)がいる「東帝大学病院」に入院した十希子だが、心臓に疾患があり、出産すれば自身の命が危ぶまれることが分かる。

自分とわが子の命がてんびんにかけられるという残酷な状態の中、十希子は迷わず子供の命を優先し、出産を決意。未知子は両方の命を救う道を模索するが、やがて非情にも“さらに残酷な事実”が判明し…。

台本を読み「自分の子供の命を優先しようとする十希子の姿勢に共感しました」と語る黒木。その一方で「十希子は私自身とは違って、心臓に疾患がある女性。そこも含めた彼女の“覚悟”や“強さ”に関しては想像に頼るしかなく、演じる上で難しい部分になるな…と感じています」と語り、役と真剣に向き合っていることをうかがわせた。

そんな彼女が十希子という役を通して放つ、母性という“神々しきパワー”。本物の母だからこそ出せる美しい魅力が、画面からにじみ出てくるに違いない。

今回、満を持して初共演を果たすことになった米倉と黒木。米倉の主演ミュージカルを観劇したことがあるという黒木だが、面と向かって言葉を交わし合うこと自体も今回が初めてだそう。

「米倉さんのお肌があまりにもきれいで輝いていて、『あれっ、レフ板があるのかな?』と思って周りを探したくらいです!(笑)」と黒木は絶賛。

さらに、妊娠を祝福し、温かく迎えてくれた米倉の優しい心遣いに触れて緊張もほぐれたようで、撮影現場では米倉とにこやかに会話しながら、コミュニケーションを深めていた。

「ドクターX」の“座長”と若き実力派女優の甘美なツーショットを、ご堪能あれ。

【黒木メイサコメント】

私の姉が「ドクターX」の大ファンなんです。姉から「絶対に見るべき!」と勧められて、私も以前から放送を見ていました。なので、ゲスト出演が決まった時は本当にうれしかったです。と同時に、チームワークが出来上がっている現場に途中から、しかも後半に参加させていただくということで、これまでにない緊張感も覚えました。

でも、撮影初日にメークルームに入ったら、皆さんの雰囲気がとても明るくて!「楽しい現場っぽいな」って安心しましたし、これからの撮影がますます楽しみになりました。

あと、私事で恐縮ですが、現在妊娠しているので「おめでとう」とおっしゃってくれました!

今回は中国語のせりふもちょっとだけあるんですよ。こちらも勉強して頑張りたいです(笑)。第10話では十希子の物語と並行し、もう1つ大きな波が起こりそうなので、私自身も最後まで楽しみたいです。すてきな作品になることは間違いないと思いますので、皆さんもぜひご覧ください!