2日、中国台湾網によると、バースデープレゼントでのとんでもないミスが台湾のネットで話題となっている。人々を爆笑させたばかりか、なぜか蔡英文総統をも巻き込む騒ぎとなっている。

写真拡大

2016年12月2日、中国台湾網によると、バースデープレゼントでのとんでもないミスが台湾のネットで話題となっている。

以下が話題となった書き込み。「同僚が彼女の誕生日用にブレスレットを注文したんだよ。外側には彼女の名前を刻印、内側には英語で誕生日おめでとうと刻印してほしいと要望したんだけど、届いた商品が爆笑ものだった。なんとね、ブレスレットの内側には“英文生日快楽(英文さん、誕生日おめでとう)”って(中国語で)そのまま刻印されていたんだ(笑)」

「英文生日快楽」は、「英語で誕生日おめでとう」のほかに「英文さん、誕生日おめでとう」の意味にもなる。書き込みには、とんでもなく間抜けなブレスレットの写真も添えられていた。あまりにも予想外の失敗はネットユーザーの笑いのタネとなった。「もうこうなったら蔡英文総統にプレゼントするしかないね」「メーカーの人は蔡英文のファンだったんじゃないの?」とコメントする人もいた。(翻訳・編集/増田聡太郎)