交際のウワサについて回答!

写真拡大

山内マリコの同名小説を蒼井優主演で映画化した『アズミ・ハルコは行方不明』の初日舞台挨拶が12月3日に新宿武蔵野館で開催され、蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーい、松居大悟監督が登壇。俳優・坂口健太郎との熱愛が噂されている高畑が、劇場下で待ち構える記者陣の「交際は?」との声掛けに答え、「内緒です」と笑顔を見せた。

【写真を見る】蒼井優は真っ赤ルージュで登場!高畑充希と笑顔で舞台挨拶に登場した

劇場前にはカメラを構えた記者が待ち構え、街ゆく人も集まるなど新宿の街は一時騒然。高畑が出てくると、多くのフラッシュがたかれ、高畑が声掛けに答えた。

高畑は「恋は?」との質問には、「恋はいつもしていたいです」と回答。「交際しているんですか?」と聞かれると、「内緒です」と笑顔で答え、「寒い中、ありがとうございます」と丁寧に挨拶して、劇場を後にした。

本作は、OL安曇春子の失踪事件の背景と行く末を描く女子たちの青春物語。高畑はキャバ嬢役としてド派手な衣装も披露している。舞台挨拶では高畑は「難しかった」と難役であったことを告白。演じた役柄を「意志がなくていつも人に合わせている」女の子だと分析し、「混乱して監督に助けを求めても、助けてくれない。行ったれ!と思った。勢いだけです」と振り切って演じたことを明かしていた。

この日も笑顔が絶えず、和気藹々とした雰囲気を見せる一同。蒼井によると、「しょっちゅう集まっている。理由をつけて、すぐ集まるメンバーです」と言うほど仲が良いとか。葉山は、そんなメンバー内で「ドッキリがブーム」と話し、「みんなで集まって飲んでいる時に、喧嘩ドッキリをして。蒼井さんが号泣した」と暴露した。その日は蒼井が後から飲み会に駆けつけることになっていたそうで、蒼井が到着した時には助監督と葉山が喧嘩をしていたそう。

蒼井は「こんなに今まで仲良くやってきたのに。帽子とか投げ始めて。うわあ、終わったと思った」と呆然としてしまったことを激白。ネタバラシ後には「力が抜けてしまって涙がぶわっと出てきた」と、号泣の意味について語っていた。【取材・文/成田おり枝】