セクシー衣装で会場を悩殺

写真拡大

 タレントの森下悠里が12月3日、千葉・幕張メッセで開催中の「東京コミックコンベンション」で、新作映画「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」の劇場公開記念PRイベントに出席。ケイト・ベッキンセール演じる孤高のヒロイン・セリーナをイメージしたセクシー衣装で登壇した。

 バンパイア(吸血鬼)族とライカン(狼男)族による生存をかけた抗争を描く、人気アクションホラーのシリーズ第5作。かつて追放されたバンパイア族に呼び戻されたセリーンは、特別な血を持つゆえにライカン族に狙われ行方不明になっている娘のイヴを守るため、再び戦いに挑むことを決意する。

 来月で32歳になる森下は、胸元が大きく開いたビスチェ風ロングコートで登場し、「ヒロインよりも私のほうが露出しちゃってますね」とにっこり。体力勝負の戦うヒロインにかけて、最近「いい感じ」だというお尻と太ももを強調した“悠里ポーズVer.2”を披露。会場に集まったファンたちの視線をくぎ付けにした。

 2003年のシリーズ第1弾からのファンだという森下は、「セリーンがどんどんパワーアップしていて、ケイトの美しさに磨きがかかっていくんです」とカッコよく男性を倒していく処刑人ヒロインを絶賛。「すごいキレイだけど激しい独特の世界観」「美男美女ばかりで目の保養になるし、ストーリーも面白いし、アクション満載」と作品の見どころをアピールした。

 「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」は2017年1月7日公開。