Doctors Me(ドクターズミー)- 愛用のメイク道具が肌荒れの原因に? 正しいお手入れ方法は?

写真拡大

メイクをするかたに肌あれやニキビが増えてきたら、その原因は、メイク道具のお手入れを怠っていることにあるかもしれません。
今回はお手入れをしていないメイク道具が肌に与える影響や、正しいお手入れの方法などを、医師に詳しく聞いてみました。

手入れをしないメイク道具が、肌におよぼす影響は?

よく使うメイク道具を適切なお手入れをせずに使用していると、さまざまな肌トラブルを起こす可能性があります。
・肌荒れ
・肌がアレルギーを起こす

また、メイクの仕上がりにも影響します。
・化粧ムラが強く出る
・思うような質感に仕上がらない

適切なお手入れをしていないメイク道具で肌荒れなどが起こる原因は?

目に見えなくても、顔の表面についていた雑菌は、スポンジやブラシに移ります。また、ニキビができていたり皮膚疾患があると、そこからアクネ菌やその他感染に伴う菌がメイク道具に移るでしょう。

それらの雑菌がスポンジやブラシの上で繁殖したり、さらにカビがついて繁殖してしまうこともあります。また管理状態によっては、ハウスダストやカビなども付着します。

こうした状態のまま、まったく洗ったり交換せずにメイクに使い続ければ、肌トラブルになってしまいます。

メイク道具の正しいお手入れの仕方は?

メイク道具のお手入れは、かなりひんぱんに行う必要があります。
・ファンデーション用パフ・スポンジ
肌に直接触れる、固形ファンデーションのパフなどは、少なくとも数日に一回、できれば毎日洗うといいでしょう。
方法としては、しっかり水で濡らし、中性洗剤で色が出なくなるまでもみ洗いして、陰干しをし、しっかり乾かしてから使用します。つまりパフには替えが必要だということです。

・ブラシ類
馬の毛など天然素材の場合は週1回程度、専用洗剤か中性洗剤と水、少量のオイルで洗うとよいでしょう。
ナイロンなどの人工素材であれば、毎日でも洗えます。

・化粧ポーチ
つい忘れがちになりますが、雑菌の繁殖源になりますので、定期的に洗いましょう。

医師からのアドバイス

メイク道具は、お手入れもきちんと行って清潔な状態を保ち、気持ち良くメイクをしたいですね。
メイク道具を清潔に保つことは、肌あれ対策ばかりでなく、メイクの仕上がりにも影響します。ぜひこまめにお手入れをしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)