映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』東野圭吾のベストセラー小説を実写化 - 山田涼介&西田敏行が共演

写真拡大

東野圭吾原作『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の実写映画化が決定。2017年9月23日(土)に公開される。

原作は「東野圭吾史上最も泣ける感動作」

原作は「東野圭吾史上最も泣ける感動作」として、全世界で500万部のベストセラーとなった2012年の小説『ナミヤ雑貨店の奇蹟』。廃業した雑貨店を舞台に、1980年にいる人物との時空を超えた手紙のやり取りを通して再生していく少年たちの物語だ。

主演は山田涼介

雑貨屋の店主に西田敏行、林遣都や門脇麦も出演

主演を務めるのは、Hey!Say!JUMPのメンバー山田涼介。雑貨店の店主を演じる西田敏行との初共演を披露する。また、物語の鍵を握る田村晴美役に尾野真千子、雄治の昔の恋人・皆月暁子役に成海璃子、そして敦也と行動をともにする翔太役は村上虹郎が務める。さらに、プロのミュージシャンを目指す松岡克郎役に林遣都が抜擢された。

俳優・佐藤浩市の息子、寛 一 郎が映画初出演

さらに、日本映画界を代表する俳優・佐藤浩市の息子、寛 一 郎が映画初出演。本作で俳優デビューとなる寛 一 郎の役どころは、山田が演じる主人公・敦也の幼なじみ3人組の1人で、ナミヤ雑貨店に起こる奇蹟を共に体験する「幸平役」だ。

監督は『余命1カ月の花嫁』や『PとJK』などでメガホンをとった廣木隆一。脚本は『余命1カ月の花嫁』でも廣木監督と組んだ斉藤ひろしが務める。

複数の時間軸のエピソードが絡み合う物語は複雑な構造になっており、原作者の東野圭吾も「小説では可能でも映像化は難しいのではないか、というのが本音」とコメントしている。ベストセラー小説が、一体どのように映像化されるのか期待が高まる。

主題歌は山下達郎の新曲「REBORN」

さらに、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の主題歌が山下達郎の新曲「REBORN」に決定。本作のために山下が1ヶ月半の月日を費やして書き下ろしたこの曲は、作品のテーマでもある”繋がる想い”を表現したもの。エンドロールだけでなく、劇中歌としても登場し、物語の核となる曲は、作品をより美しく彩っている。

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』×マイメロディ、コラボアイテム発売

そしてこの度、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』とマイメロディのコラボレーションが実現。1975年に誕生したマイメロディは、今でも大人気のサンリオキャラクターだ。でもどこか"懐かしさ"を感じさせる所が本作のイメージに合致し、このコラボレーションが実現した。ビジュアルには、現在と過去のマイメロディが、ナミヤ雑貨店と手紙を通して心を通い合わせている様子が描かれている。商品ラインナップは、ブックカバーやレターセット、クリアファイルなど全5種。発売は、映画公開と同じ2017年9月23日(土)から。

■ストーリー
2012年。少年時代を養護施設で過ごした敦也は、幼馴染の翔太、幸平と悪事を働いて1軒の廃屋に逃げ込む。そこはかつて人々が悩み相談をすることで知られていた「ナミヤ雑貨店」だった。今はもう廃業しているはずだったが、シャッターの郵便受けに何かが投げ込まれる音を聞く。それは、悩みを持つ人からの相談の手紙だった。何と、その手紙は1980年に書かれたものだった。敦也たちは戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書く。

次第に明らかになる雑貨店の秘密と、その背景にある敦也たちがいた養護施設と浪矢の知られざる関係。そして、これまで誰かの為に何かを真剣に考えたことなど一度もなかった3人が気付いていく他者とのつながり。敦也たちが雑貨店の秘密をすべて知った時、1980年にいる浪矢との手紙のやり取りでもう一度再生する希望をもつ。悩みを相談した人々をつなぐ奇妙な運命。その日、敦也たちに起きたのは、時空を超えたたった一夜だけの奇蹟だった。

【作品詳細】
映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
公開日:2017年9月23日(土) 
原作:東野圭吾
監督:廣木隆一
脚本:斉藤ひろし
出演:山田涼介、西田敏行、尾野真千子、村上虹郎、林遣都、成海璃子、門脇麦、萩原聖人
配給:KADOKAWA/松竹(共同配給)
©2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

【『ナミヤ雑貨店の奇蹟』×マイメロディ グッズ詳細】
発売日:2017年9月23日(土)
・ブックカバー(文庫本サイズ) 1,400円(税込)
・レターセット(便箋25枚+封筒6枚) 1,000円(税込)
・クリアファイルセット(A4用サイズ・A5用サイズの2枚セット) 600円(税込)
・ミニタオル(約20×20) 650円(税込)
・ポーチ(約20×14 ※底マチ無し) 1,000円(税込)


[写真付きで読む]映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』東野圭吾のベストセラー小説を実写化 - 山田涼介&西田敏行が共演

外部サイト

  • 映画『勝手にふるえてろ』主演・松岡茉優で綿矢りさの小説を実写化 - 24歳“おたく系女子”の恋の行方
  • マンハッタン ポーテージ×ピーナッツ、スヌーピー&ウッドストックを刺繍で描いたコラボバッグ発売
  • 映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』ドン・ジョヴァンニ初演に着想、華麗なる恋と陰謀の物語