12月4日(日)深夜、「REAL IMPACT 岡崎慎司30歳の葛藤」をオンエア

写真拡大

2015/16シーズン、クラブ創設133年目にしてプレミアリーグ制覇を果たし、チャンピオンズリーグ出場権を獲得したレスター・シティ。その中心にいたのは、日本代表のエースストライカー・岡崎慎司だった。

【写真を見る】日本代表のエースストライカーは今、何を思う?

優勝に貢献し、世界に一歩飛び出すことができたという感触を得た岡崎。そこには自信に満ち溢れた彼の姿があった。

迎えた今シーズン、チャンピオンズリーグ初戦。岡崎の姿はピッチ上でもベンチでもなく、スタンドにあった。初めてのチャンピオンズリーグは、自身にとって初のベンチ外。悔しさがあふれ、積み重ねた自信を失いそうになる。

今年30歳となった岡崎慎司はターニングポイントを迎えている。今日の試合に出られるかどうか。日本代表が6大会連続のワールドカップ出場を危ぶまれている中、岡崎は日本代表レギュラーの座を若手と争っている。世界を目指す仲間たちから求められる立場の岡崎にとって、理想と現実の中で葛藤する日々が続く。

12月4日(日)に放送される「REAL IMPACT 岡崎慎司30歳の葛藤」(深夜0:30-1:25フジテレビ系)では、取材規制の厳しいイングランド・プレミアリーグにおいて、ピッチ上からオフまで岡崎に完全密着。果たして岡崎は何を思い、何を語るのか?

また、欧州リーグで二桁ゴールをあげ、世界の舞台で認められた元日本代表ストライカー・高原直泰にも直撃取材! 高原が岡崎について語る。