DVD発売イベントに出席した池田裕子

写真拡大

グラビアを中心に女優・タレントとして活躍中の池田裕子が、3rd DVD「まだ誰のものでもありません」発売イベントを開催。クリスマスの迫ったこの時期に、セクシーサンタのコスチュームで登場した。

【写真を見る】プライベートでは着ることはないというミニスカサンタの衣装で登場

ことし7月グアムで撮影されたという本作。「前回、3年前のDVDのときもグアムで、プライベートでも4回くらい行っているんですけど、それでも『まだ誰のものでも』ないんですけど(笑)、まだまだ知らないところに連れて行っていただいて、おいしいものもたくさん食べさせてもらいました」とあいさつ。

「29歳になって、だいぶ大人の色気を(笑)、落ち着いた大人の色気を出せたんじゃないかなと思います。イメージDVDなんですが、彼氏と一緒にグアム旅行に行ったという設定です。前回よりも少し年を取りまして、だいぶ肉感が…150%くらいアップしたかなと(笑)。今が一番グラビア的にはいい時期だと思います」と照れながらアピールした。

「裏のパッケージにもあるんですけど、廃虚で赤い水着を着ているんですけど、上が普通の水着じゃなくて赤いリボンを巻いているという。

実はこれ、私もスタイリストさんもマネジャーさんも誰も聞かされてなくて、突然リボンを渡されて全員が戸惑うちょっとしたハプニングがありました(笑)」と印象的なシーンを挙げた。

DVDのタイトルにちなんで「まだ誰のものでもないんですね?」との質問には、「今のところは誰のものでもありません。クリスマスは予定があって、女子高時代の友達と担任の先生と一緒にごはんを食べる予定はあります(笑)」と明かし、はぐらかした。

そして作品の中で一番ラブラブなシーンについては「ホテルでお風呂に入るんですけど、お風呂は二つシーンがあって室内のシャワーを浴びているところと、あとバルコニーにジェットバスがあって、そこに一緒に入る感じが…。そのシーンが一番楽しい感じで良かったかな」と振り返った。