気持ちの入ったプレーを見せた菊地&渡邉ペア、初黒星の悔しさは決勝で晴らす(撮影:秋田義和)

写真拡大

<THE QUEENS presented by KOWA 2日目◇3日◇三好カントリー倶楽部 西コース(6,500ヤード・パー72)>
第1回大会となった昨年、初代王者に輝く大きな原動力となった菊地絵理香、渡邉彩香ペア。今年もタッグを組んで初日は勝利したものの、フォアボール形式となった2日目にタッグ結成後初黒星を喫した。
吉田弓美子カメラマンが潜入!?前夜祭のアレコレを激写!
「私が安定したゴルフができなかったので、パートナーに不安を与えてしまった」と菊地。菊地が安定したプレーでリズムを作って、渡邉が飛距離を武器に攻めまくるという攻守分業制を機能させられなかったことが敗因と分析した。
渡邉はうまくかみ合わなかったことを悔やむ。「お互いに同じところをミスしてしまった。大きなミスが何回かあったので…勝てた試合だった」とコメント。4人が各自のボールでプレーし、チーム内の少ない方のスコアで競うフォアボールダブルスで同ホールでのミスは命とりだった。
この悔しさは明日の個人戦にぶつけるしかない。「1人1人が勝つだけ。チーム全員が勝利を目指していくだけ(菊地)」、「気持ちが大事になってくる。今日2人で負けたので、明日は2人とも勝ちたい」。言葉に力を込めた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>