3日、中国のポータルサイト・今日頭条が、なぜ日本人は項羽が好きなのかについて分析する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年12月3日、中国のポータルサイト・今日頭条が、なぜ日本人は項羽が好きなのかについて分析する記事を掲載した。

記事は、日本のネットユーザーが選んだ好きな歴史上の人物トップ20について紹介。1位が織田信長、2位が坂本龍馬、3位が源義経だったが、4位に曹操、9位に諸葛亮、15位に項羽が入った。

記事は、曹操や諸葛亮の人気は理解できるものの、項羽は優柔不断で大事を成せない失敗者だという見方があることを指摘し、項羽が日本人に人気なのは多くの中国人にとって疑問だとした。

ではなぜ日本で項羽の人気が高いのか?その理由について記事は、日本には武士道精神があり、強者を崇拝する傾向があるためだと分析。大軍を相手にしても少数の軍で勝利するその強さが、日本人の目には項羽こそ最強と映り、項羽こそ武士道精神を反映しているからだとした。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「無頼者の劉邦よりはずっといいに決まっているだろ」
「俺も項羽には敬服する。自分の力で秦王朝を倒したんだ。結果的に劉邦という小人にやられたが」

「劉邦が項羽を倒して以降、中国には真の英雄的貴族がいなくなったと思う。その後の中国は完全に政治の中国になった」
「劉邦が勝った。これがわれわれの価値観だ。どんな手段だろうと勝てば官軍で称賛される」

「真の英雄が嘘っぱちな小人に勝てないのがこの社会」
「劉邦は小人ではない。真の英雄で小人に見せかけただけだ。項羽はストレートな性格だが、疑心暗鬼が激しく、無辜の人をたくさん殺した」(翻訳・編集/山中)