シンガポールの公共の場所では、英語・中国語・マレー語の標識をよく見かける。日本語はあんまりない。しかし、シンガポール最大最古のイスラム教寺院であるサルタン・モスクで「日本語」と出会った。筆者撮影。

写真拡大

普段、人はあんまり見知らぬ人と話さない。でも、旅行中、是非いろんな人に声を掛けてみてください。きっとサプライズがあると思う。

【その他の写真】

11月3日から6日まで、初めてシンガポールを旅した。どこに行っても、まわりから日本語が飛び込んでくる。食事の際、隣席はいつも日本人であった。

シンガポールの街の中、いろんな肌の色の人々が歩いている。この小さな国の4割の住民が移民である。肌の色で誰が外国人か、誰がシンガポール人か、判断しかねることはない。それは、旅行者にとって気楽なことで、自分が旅行者であることすら忘れがちになる。

シンガポールの公共の場所では、英語・中国語・マレー語の標識をよく見かける。日本語はあんまりない。しかし、シンガポール最大最古のイスラム教寺院であるサルタン・モスクで「日本語」と出会った。

サルタン・モスクはとても広大で、華麗な絨毯が敷かれている。宗教施設であるが、観光スポットでもある。実際、大勢の人が見学しており、モスクのスタッフの若者はとても活気がある。英語・中国語・日本語・韓国語などの言語で客に挨拶する。私は思わず声をかけ、中国語と日本語で交流した。数十年前、彼の祖父は海を超え、中国大陸からシンガポールにやってきた。両親はシンガポール生まれで彼もシンガポール人である。彼はNHKの朝ドラが好きで、日本語を独学で勉強し、今はネットでドラマ「べっぴんさん」を観ているという。

サルタン・モスクには、一冊の日本語の案内ファイルが置いてある。その中に、日本各地のモスクの名前・住所・連絡先などが書かれている。私は日本に多くのモスクが存在することを知らなかった。「なぜこのような日本語冊子を作ったのか」と聞くと、彼は「ここに来るのは日本人観光客が一番多いと思います。日本のモスクにも足を運んでほしい。我々イスラム教徒はすべての宗教を尊重しており、イスラム教は心の広い宗教であることを知ってほしい」と語った。その言葉に感心した。人々は異なる宗教と信仰を持つが、異なる宗教は人間同士のわだかまりではない。宗教は包容力を育むはずである。

私はシンガポールのチャイナタウン、アラブ・ストリート、リトル・インディアなどを巡った。

それぞれの民族にはそれぞれの歴史博物館があって、歴史資料を陳列するだけではなく、同時にその民族の歴史と文化を次世代に伝えようとするところである。マレー伝統文化館にはマレー文化に関する講座が毎月開催され、大人向けものはほとんど有料で、子供向け文化体験コースはほぼ無料である。

チャイナタウンでは中国各地の名物料理が堪能できる。チャイナタウンの「春節」(旧正月)には正真正銘な中国伝統文化が味わえる、と現地のシンガポール人が自慢げに話した。チャイナタウンの広場で、中国の公園でよく見る風景を目にした。二人のお年寄りが象棋(シャンチー。将棋)で対局していた。周りには数人のお年寄りが立って観戦する。対局中にも関わらず彼らは時々笑ったり、助言したりしている…本当は「ルール違反」であるが、誰も気にしていないようだ。仲間たちの絆を深める一種の娯楽である。

リトル・インディアに入ると、あたかも真のインドにいると錯覚するほど。人々の服飾・言語、店頭の商品、街の雰囲気からは完全に異国情緒を感じ取ることができる。

異国で暮らす人々は常に「郷に入っては郷に従え」という意識を求められる。従うべきもの、現地の生活や文化に馴染まなければならない部分があるのはもちろんだが、しかし、従えないものもあるはず。例えば、食文化・服飾など、ましてや宗教・信仰、DNAから導き出されるとでも言うべきものは簡単に変えられないのである。肌の色が違う人々は自分のありのままでいい。小さな国の中でもチャイナタウンとリトル・インディアのような独特な「城」を作ればいいのだ。

私は賑やかな街ブギスの紀伊國屋書店で、シンガポールの人気漫画「私たちの物語」を買った。その「物語」は60、70年代のある家庭のストーリーを通して、シンガポールが貧しい小国から先進国の仲間入りを果たしたという奇跡を描いている。発展の過程で、各民族の関係は決して順風満帆ではなかった。

1964年7月21日、ムハンマドの生誕を祝うマレー人と華人が衝突し暴動となった。その後、シンガポール政府が7月21日を「民族融和の日」と定め、毎年、その日に、各民族の人が他民族の文化と習慣を学ぶ。現在、誰も他民族の「城」でデモをしたり、他民族の人を憎んだりはしない。いろんな「城」が国の多元文化を築いてきた。

移民問題は既にグローバルになりつつある。たとえ国境を簡単に越えることができたとしても、人々は互いの相違を忘れずに、そして、相手の習慣を尊重・理解した上で、友達になろう。

日本は、まだ移民問題を抱えていないようである。だが、外国人は年々増加傾向にある。これからも日本人と「外人」、在日外国人の皆が仲よく暮らせることを祈らずにいられない。

余談だが、11月27日、私は駒沢大学にて台湾大学客家研究センター及び国際アジア文化学会、日本国際客家文化協会など日本の団体が主催する「客家と多元文化 国際交流座談会2016」に参加した。台湾、香港、日本の学者たちが日本文化と客家文化などをテーマに議論した。

「政治は一時的なもの。文化は永続的なもの」、それは皆の共通認識である。数人の日本人学者は周りを驚かせるほど中国語が達者で、熱心に華人文化、客家文化などの研究に取り組んでいる日本人学者の姿にも感銘を受けた。日本も、共存共栄の多元文化が煌々(こうこう)と輝く「多元社会」になってほしい。

■筆者プロフィール:黄 文葦
在日中国人作家。日中の大学でマスコミを専攻し、両国のマスコミに従事。十数年間マスコミの現場を経験した後、2009年から留学生教育に携わる仕事に従事。2015年日本のある学校法人の理事に就任。現在、教育・社会・文化領域の課題を中心に、関連のコラムを執筆中。2000年の来日以降、中国語と日本語の言語で執筆すること及び両国の「真実」を相手国に伝えることを模索している。