向井理、ふんどし一丁に!

写真拡大

堤幸彦監督が20年来温めてきたコメディドラマを映画化した『RANMARU 神の舌を持つ男』の初日舞台挨拶が12月3日に丸の内ピカデリーで開催され、向井理、木村文乃、佐藤二朗、木村多江、財前直見、黒谷友香、永瀬匡、堤監督が登壇。向井が「大変でした、ふんどし」とふんどし姿での撮影の苦労を明かした。

【写真を見る】木村多江と黒谷友香が透け感ドレス対決!美しい姿に会場からもため息

向井が“絶対舌感”という特殊能力を持つ男・朝永蘭丸を演じ、個性豊かな仲間とともに不可解な事件解決に奔走する姿を描く本作。蘭丸は、温泉で客の背中を流すなどする“三助”としての一面も持っており、向井と佐藤は劇中でふんどし姿を披露している。

向井は「大変でした、ふんどし」とポツリ。「朝6時に、ふんどし一丁でチャリンコに乗って走るというのは金輪際ないでしょうね」と貴重な経験となったことを告白。

一方の佐藤は「向井くんは締まった体だからいいんですけど、私は怠惰な肉体を…」と自身の体について話したが、向井は「熟れた果実」と評価。佐藤は「あるいはわがままボディ。わがままボディを人にこんなにさらすというのは、これが最後だと思う」と続け、これには向井も笑いが止まらない様子だった。

また撮影の印象的な出来事を聞かれると、木村(多江)は「連日外でロケをしていて、暑くて暑くて死にそうだった」と真夏の撮影を振り返り、「やっと室内の撮影になったと思ったら、そこが締めきっていて冷房もなく、40度近い状態。そこで長回し」と苦労を吐露。堤監督は土下座をして謝罪した。

さらに財前も「無茶振りする人だとは思っていたけど、さらに輪がかかっていた」、土に埋まってしまうシーンがあった永瀬は「人生で一番怖い経験をさせられるとは思わなかった」と明かすなど、次々に堤監督の無茶振りへのクレームが飛び出し、堤監督は「すみません!」とひたすら謝り倒して、会場の笑いを誘っていた。【取材・文/成田おり枝】