人気俳優のマーク・ウォールバーグ (c)Imagecollect.

写真拡大

俳優のマーク・ウォールバーグが、セレブたちの政治的な発言について語った。

先月8日に行われたアメリカ大統領選挙。マドンナやケイティ・ペリー、レディー・ガガといったセレブたちは、大統領選について積極的に発言していた。

そんななか大統領選について口を閉ざしていたマークが、自身の考えをニュースサイト「Task & Purpose」に語った。「多くのセレブが発言していたよね。セレブたちは政治について語るべきではないと思うんだ。セレブのCDを買ってくれる人もいれば、映画を観てくれる人もいるだろうけど、彼らの食卓に食事を出してあげることはできない。彼らの給料を払うこともできない。ハリウッドのひとたちは、一般の人の現実とは違うところで生きている。セレブたちは一般の人たちの実態を知らないんだよ」。

大統領選挙中にもセレブたちが政治的な発言をする是非については、度々論争になっていた。彼の発言をきっかけに再び議論が生まれるかもしれない。