1日、韓国メディアによると、華やかかつ大規模な屋外広告で知られる米ニューヨーク・マンハッタンのタイムズスクエアのような空間が、韓国ソウルに造成されることが決まった。写真はソウルのCOEX。

写真拡大

2016年12月1日、韓国・マネートゥデイなどによると、華やかかつ大規模な屋外広告で知られる米ニューヨーク・マンハッタンのタイムズスクエアのような空間が、韓国ソウルに造成されることが決まった。

韓国行政自治部は1日、韓国初となる「屋外広告物自由表示区域」の誘致を申請した候補地7カ所の中から、ソウル江南区のCOEX一帯を最終選定したと明らかにした。COEXは韓国最大級のコンベンションセンターを中心とした複合施設で、ショッピングモールや映画館、水族館などを擁する。今回の決定により、同地にはタイムズスクエアや英ロンドンのピカデリーサーカスのように屋外広告が自由に設置され、ソウルの観光名所・ランドマークとして改めて注目を浴びると見込まれている。

誘致を進めた江南区の民官合同推進委員会は、同地に大手芸能事務所SMエンターテインメントがプロデュースした「SMタウン」などを活用、韓流コンテンツを存分に体験できる屋外メディア広場と憩いの空間を設置する計画だ。タイムズスクエアのような新年のカウントダウンイベント、「国際メディア・ファサード・フェスティバル」などのイベントも随時行う予定で、広告掲出は来年半ば以降を見込んでいる。

この報道に、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「手を付けるとなると何でも江南だね」
「江南の土地値上げプロジェクトだ」
「うーむ、タイムズスクエアは遊ぶ場所や店も多い中心地に違いないけど、COEXは周りにオフィスしかない。果たして…」

「金持ちの国がやってるからって何でもまねするばかなやつらだ。それより恵まれない人たちのための予算をちゃんと立てろ」
「頼むから『韓国版』はやめてくれ。うまくいったためしがない」
「国が滅びそうなのになぜ?金が余ってるなら庶民を助けて」

「これだから僕は韓国が嫌いなんだ。国という文字すら書きたくない」
「まねじゃなくてオリジナルは無理なの?」
「そもそも流入人口が大したことない。いったい誰のための広告なんだ?中国人観光客のため?」(翻訳・編集/吉金)