石田彰、豊永利行から「パーティを組みたい!」とラブコール

写真拡大

映画『チェインクロニクル〜ヘクセイタスの閃〜 第1章』の初日舞台挨拶が12月3日に新宿バルト9で開催され、声優の石田彰、山下大輝、豊永利行、内田彩、今井麻美、小岩井ことり、柳田淳一が登壇。豊永から「一緒にパーティを組みたい」と言われた石田が、「僕に何を求めてます!?」とツッコみ、会場の笑いを誘った。

【写真を見る】石田彰、山下大輝、豊永利行ら豪華声優が揃い踏み!舞台挨拶の様子はこちら

本作は、スマートフォン向けのロールプレイングゲームを3部作で劇場アニメ化したファンタジーの第1弾。世界のすべてを記述した本“チェインクロニクル”を巡って、ユーリら義勇軍と黒の軍勢が壮絶な戦いを繰り広げる。

収録段階ではまだ絵が完成しなかったそうで、主人公ユーリを演じた石田は「こういう感じの絵になるんだろうなと、想像しながらやっていた」と想像力を働かせたアフレコを述懐。「それ以上の絵になっていて。びっくりしました」と完成作の迫力に驚いていた。

カイン役の豊永は、監督から「次男坊的なポジションでお願いします」と言われたことを振り返り、「石田さんが優しくしてくださった。お兄さん感満載」と石田に感謝しきり。石田は「いたらない兄で申し訳ありません」と演じたユーリの身になって、その頼りなさを謝罪をしていた。

その後、「実際に義勇軍を結成するとしたら、誰とパーティを組みたいか」と聞かれた一同。石田は「ユーリはとりあえずいなくてもいいのかな。アラムは必須」と自身が演じた主人公をバッサリ。会場が笑いに包まれるなか、豊永も「いいんですか!?」と困惑の表情を見せて、さらなる笑いを誘った。

豊永は「石田彰さんと組みたいです」と登場キャラクターではなく、石田を指名。石田が「僕に何を求めてます!?光、掴めないですよ?」とツッコむと、豊永は「現場でいつも隣に座らせていただいていて。でも基本的に僕ら何もしゃべらないんです。自分がしゃべりたい時だけしゃべれるし、無言でいても一緒にいられる。この空気、あったかい!って思う」とその意図を明かし、石田を「それは得意です」と納得させていた。

最後に石田が「ゲームをやっていた方には『やってくれた!』という演出が各所に盛り込まれている。挫折から這い上がっていく物語としても見応えがある」とアピール。大盛況の舞台挨拶を締めくくった。【取材・文/成田おり枝】