こっち向いてよぉ〜! 忙しい彼女にかまってほしいときにすること6つ!

写真拡大

男性が忙しくて彼女にかまないというケースはよく聞く話ですが、逆のパターンも決して珍しいことではないようです。そんな忙しい彼女にかまってもらいたいとき、男性はどのような行動を取るのでしょうか? 直接、働く男性に聞いてみました。

■メールやLINEで寂しさをアピールする

・「LINEを送ったり、電話をかける」(34歳/学校・教育関連/専門職)
・「メールを送ったり何度も話しかけたり」(35歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

彼女にメールやLINEなどを送って、寂しい気持ちをさりげなく伝える男性は多いようです。また、可能なときは電話などで話して、思いを伝えるという男性もいました。

■彼女が乗ってきそうな場所へ誘う

・「焼き肉などを食べに行く予約をすること」(38歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「週末に彼女のお気に入りの飲食店へ誘う」(38歳/金融・証券/営業職)

忙しくて時間が取れないときでも、喜んでもらうために彼女の好きな場所へ行こうと誘うという男性もいます。「彼女が行きたい場所であれば、時間を何とか取ってくれるのでは?」という思いも含まれているようです。

■忙しいときだからこそコミュニケーションを取る

・「積極的にコミュニケーションを取ることでしょうか」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「よく話を聞いてしっかりと相づちを打つことです」(30歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

忙しいときこそ、変にかまってアピールをするのではなく、できるだけコミュニケーションを取るという方もいました。一時的な忙しさにとらわれず、彼女との関係を良好に続けるためこうする方もいるのではないでしょうか?

■彼女をねぎらったりサポートをしてあげる

・「おつまみやおやつを定期的に差し入れする」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「家事をしてあげると言う。お互いにとっていいはず(?)」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

自分の寂しい気持ちを訴えることはせず、忙しい状況だからこそ彼女をねぎらうという男性もいました。家事などの面で、ごく自然にサポートしてくれる男性は素敵ですね。

■体調が悪いそぶりを見せて気を引く

・「体調が悪そうにする。少しは気を使ってくれるかもしれないと思うので」(37歳/情報・IT/技術職)
・「仮病を使う。少しは気を使ってもらえるから」(37歳/情報・IT/技術職)

一方、彼女の気を引くために仮病や体調不良を装うという男性もいました。プライドがあるため、素直にかまってほしいと言えない一面もあるのかもしれませんね。

■無理を言わずに我慢するという人も

・「相手が忙しいときには特にかまってほしいと言うことはしない」(35歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)
・「我慢することにしています。気晴らしに1人で映画を観たりしてます」(38歳/学校・教育関連/専門職)

たとえ彼女が忙しく、寂しい思いをしている状況であっても、迷惑になるからと無理を言わずに我慢をするという男性もいました。一生懸命仕事をしている状況で、邪魔をするなんてとんでもないという考えの方もいるようです。

■まとめ

こうしてみると、必死で寂しい気持ちをアピールするという男性と、彼女の忙しさを理解してあげる心の広い男性とで大きく分かれる形になりました。中には、「むしろ1人が好きなのであまりこちらからは行かない」(30歳/医療・福祉/専門職)という男性もおり、うまくバランスが取れていればそれでよいのかなと感じさせるような回答もありました。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数124件(22〜38歳の働く男性)