牛、豚、鶏を網羅したハンバーガー「Carnival」、肉だけで重量は350gを超える

写真拡大

横浜市にあるグルメバーガー専門店「Made in hands」が、牛・豚・鶏肉を一度に頬張れる衝撃の新メニュー「Carnival(カーニバル)」(1600円)を各日数量限定で提供。

【写真を見る】シックで落ち着いた店内で、総重量約500gの手作りハンバーガーを堪能できる

ビーフ100%のパティ160g、スパイシーなチキングリル160g、自家製ベーコン50gが挟まれ、重量は、なんと肉だけで350gを超えるヘビー級ハンバーガーの「Carnival」。バンズ、トマト、レタス、オニオン、オリジナルソースを加えると総重量は約500gと、その名の通り、まさに食材のカーニバルだ!さらにフライドポテトがついてくるためボリュームは申し分ない。

大学が近くにあることから、当初は思う存分肉を食べたい学生に向けて開発したメニューだったが、発売後は年齢・性別を問わず幅広い世代から注文が続出しているという。

「Made in hands」では保存料などの添加物は使用せず、ベーコンは10日間熟成、バンズも国産全粒粉を用いて毎日お店で焼き上げるこだわりよう。甘酸っぱいバーガーソースは果物をふんだんに使用するなど、他にはない“ここだけのハンバーガー”を手作りで提供している。

インパクトだけでなく、食材や手法にもこだわった“珠玉のモンスターバーガー”をぜひ味わってみてほしい。【ウォーカープラス編集部/コダマタイチ】