映画『アバター』

写真拡大

米フロリダにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに、2009年に公開し大ヒットしたSF映画『アバター』のアトラクションが登場することがわかった。英Digital Spyが報じている。

この『アバター』のアトラクションは2017年夏に、ディズニー・アニマル・キングダムにオープンする予定で、ボートで川を下るアトラクション「The Na'vi River Journey」が建設される。映画の舞台であるパンドラのような森林や、ナヴィをイメージしたレストランも作られるとのこと。

ウォルトディズニーパーク&リゾートの代表ボブ・チャペック氏は、「パンドラで体験できるすべてに、私が一番興奮していると思います。お客様に素敵な魔法を経験していただける高いレベルのアトラクション、"Na'vi River Journey"と"Avatar Flight of Passage"をお届けすることをお約束します」と、コメントしている。

さらに、映画『アバター』は5部作で製作されることも既に発表されており、第2作目が2018年12月に、3が2020年、4が2022年、5が2023年に公開される予定で、監督のジェームズ・キャメロンは、この4本が1作目よりも重要になることを明かした。立て続けに超大作を製作するため、スケジュールの遅れなども生じる可能性が懸念されるが、「私たちは予定通りに進めるつもりですが、必要があれば変更するでしょう」と、米Varietyにコメントしている。(海外ドラマNAVI)