注目作!作品賞に輝いた『ムーンライト(原題)』より
 - A24 / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 第26回ゴッサム・インディペンデント映画賞がニューヨークで発表され、今年のハリウッド賞レースがスタートした。

 作品賞は、マイアミの物騒な地域で暮らす黒人少年の成長を描いた映画『ムーンライト(原題) / Moonlight』が受賞。このほかにも脚本賞とIFPゴッサム観客賞の計3部門で受賞を果たしている。最多4ノミネートを獲得していた『マンチェスター・バイ・ザ・シー(原題) / Manchester by the Sea』はケイシー・アフレックの男優賞にとどまった。

 インディペンデント・フィルムメーカー・プロジェクト(IFP)が主催する同賞は、独立系映画(低予算やハリウッドのメジャーなスタジオ以外などで製作された映画)を対象に選出される。主な受賞結果は以下の通り。(澤田理沙)

■作品賞 『ムーンライト(原題)』
■男優賞 ケイシー・アフレック 『マンチェスター・バイ・ザ・シー(原題)』
■女優賞 イザベル・ユペール 『エル(原題) / Elle』
■脚本賞 原作タレル・アルヴィン・マクレイニー、脚本バリー・ジェンキンス 『ムーンライト(原題)』
■IFPゴッサム観客賞 『ムーンライト(原題)』
■ドキュメンタリー賞 『O・J:メイド・イン・アメリカ(原題) / O.J.: Made in America』
■ビンガム・レイ・ブレイクスルー監督賞 トレイ・エドワード・シュルツ 『クリシャ(原題) / Krisha』
■ブレイクスルー俳優賞 アニャ・テイラー=ジョイ 『ザ・ウィッチ(原題) / The Witch』