2日、中国中央テレビによると、中国外交部の耿爽報道官は、同日の定例記者会見で日韓が北朝鮮への独自制裁を行うことに反対の意思を示した。

写真拡大

2016年12月2日、中国中央テレビによると、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は、同日の定例記者会見で日韓が北朝鮮への独自制裁を行うことに反対の意思を示した。

耿報道官は、「中国は一貫して、安保理の枠外で一つの国に対して独自制裁を行うことに反対しており、いかなる国が独自制裁を利用して中国の正当で合法的な利益を損なうことにはさらに反対している」とし、「朝鮮半島情勢は敏感であり、関係国が共同で努力し、互いに刺激し合うことで緊張がエスカレートすることを避けるべきだ」と慎重な対応を求めた。(翻訳・編集/北田)