タイの「トンデモ国王」即位 ネットの言論規制もさらに強化か

写真拡大

タイ議会は12月1日、ワチラロンコン皇太子の王位継承を承認した。プミポン前国王の逝去後1か月、ようやく空白の王位が埋まることになる。プミポン前国王はタイ国民の深い敬愛を集めてきたが、新国王には様々な評判がある。

特に広く知られているのが、2009年に王室パーティーで当時3人目の妻を、大勢の前で裸にした件だ。また、別荘に出かける際のドイツのミュンヘン空港では、女性用タンクトップにサンダルを着用、背中には大きな刺青という奇怪な姿を撮影され、世界中を仰天させた。

ワチラロンコン皇太子は過去に3回の結婚と離婚を繰り返しており、ギャンブル癖があるとも伝えられている。

しかし、タイには厳しい不敬罪が存在し、王室への批判は違法行為だ。ほとんどのタイ人は新国王についてネット上で論評を控えている。タイの軍事政権は、国民の批判を抑えるために不敬罪を現在も維持している。

タイの人権グループiLawによると、2014年のクーデターから今年7月15日までに68人が不敬罪で摘発され、58人が反乱罪に問われた。合計では278人が軍事法廷で審理されたという。ここに、ネットへの投稿で不敬罪になった例を紹介する。

1.    王の犬に対する侮辱行為:罰金50万バーツ(約157万円)と86日の拘留

2015年12月、27歳の工場労働者がフェイスブックの投稿でプミポン国王の飼い犬を侮辱し、逮捕された。ガーディアンによると、タイでは王だけでなくその飼い犬も敬愛すべき対象だという。ニューヨーク・タイムズの国際版がこの事件を報道した際、タイの印刷会社は印刷を拒否。当該記事の部分は空白のまま発行された。

2. 批判コメントと6枚の写真を投稿:1枚ごとに10年の懲役

48歳の男性は2015年、フェイスブックの6件の投稿がもとで、タイの軍事法廷に30年の懲役刑を宣告された。これは不敬罪で最も厳しい判決となった。報道によると男性は2013年に国王あるいは国王と王妃の4枚の写真を批判的コメントとともに投稿した。

報道規制により詳細は不明だが、男性は軍事法廷で投稿1件あたり10年の懲役刑を宣告されたという。

3.不敬な写真をフェイスブックでシェア:妻が拘留され尋問に

皇太子が奇抜な服装でミュンヘン空港に現れた際のドイツメディアの写真を、自身のフェイスブックで転載したスコットランドの記者は、投稿時にタイにいなかった。しかしバンコクを訪れていた彼の妻は警察に拘束され、尋問を受けた。

4. 批判的なメッセージに同意する行為:拘留と保釈金50万バーツ

タイの政治活動家シラウィッチ・セリティワットの母、パトナリ・チャンキットは君主制について批判的な文言を含んだプライベートメッセージに「はい」と同意しただけで逮捕された。彼女は後に50万バーツの保釈金を払って釈放された。

フェイスブックは最近、メッセンジャーに暗号化機能を加えたが、軍にコンピュータやスマホを差し押さえられたら暗号化も意味をなさない。