「M-1グランプリ2016」のトップで登場するアキナ(左=山名文和、右=秋山賢太)

写真拡大

いよいよ12月4日(日)にテレビ朝日系で、漫才師日本一を決める「M-1グランプリ2016」(夜6:30-9:00)が放送される。また、当日の昼2時30分からは「M-1グランプリ2016 敗者復活戦」(テレビ朝日系)も放送。この敗者復活戦を勝ち抜いた1組を加えた計9組が、ファイナリストとして決勝を戦う。

【写真を見る】ファイナリストから気になる相手として多く名の挙がったカミナリ(左=竹内まなぶ、右=石田たくみ)

今年のM-1には3503組が応募。今回はその激戦を勝ち抜き、決勝まで駒を進めたファイナリスト8組にインタビュー。王座を狙う芸人たちの熱い思いを、決勝のネタ披露順にご紹介!

■アキナ

山名文和:選ばれてパニックになりました。隣で相方は泣いてるし。

秋山賢太:泣いてないです! なんで嘘を!?

山名:3回抱き合って喜びを共有して。

秋山:抱き合ってないわ! 僕らはコントもするので、山名くんの演技力を漫才に織り交ぜたいです。

山名:親父に言われた「舞台は自分が一番楽しむ場所や」って言葉を胸に戦います。

秋山:お父さん、舞台関係の人ちゃうやろ! 劇場の出番を増やして幅広い世代に向けてずっと調整してきた1年でした。その成果を出して、初出場で初優勝を掴みます。

山名:銀シャリさん、スーパーマラドーナさんと、さらば青春の光は賞レースで戦ってきた間柄。ここで打ち負かします!

■カミナリ

竹内まなぶ:去年は2回戦で落ちちゃって悔しい思いをしました。準決勝では先輩から「行けるぞ」って言われたので残れる自信がありました。

石田たくみ:先輩の錦鯉さん主催のライブでウケてから、いろんなライブにも出してもらえて成長できた1年です。

竹内:僕らが目指しているのは地元・茨城の友達にも伝わる漫才。

石田:茨城なまりのあか抜けない、ありのままの僕らで勝負します。唯一の20代のファイナリストとして全力で!

竹内:温かいネタだと思うので、人の良さを感じてください。

■相席スタート

山崎ケイ:結成3年目の集大成をかけて臨んだ前回は準決勝で落ちてしまって。

山添寛:打ちのめされて、新しい漫才に挑戦する機会をM-1からもらいました。

山崎:なので、これまで避けてきた要素も取り入れてね。ネタに対しての考え方が柔軟になりました。

山添:決勝に残った実感がまだわいてないくらいうれしい。家に帰ったあと、シャワーを浴びるころにガッツポーズすると思います。あとはもう、当日に強い気持ちをぶつけるだけ! コンビの知名度を上げたいです。

山崎:南海キャンディーズさん、メイプル超合金さんでも出せない、男女コンビの新たな形を提示します!

■銀シャリ

鰻和弘:3度目の正直で優勝しか見ていません。

橋本直:去年が準優勝だったぶん、決勝には何が何でも残らないといけないプレッシャーがありました。でも、その緊張感を維持して決勝で爆発させます。特にスリムクラブとアキナの秋山くんが同期なので、負けたくないですね。

鰻:最終決戦で票が入るって想像以上にうれしいんですよ。だから、狙うはチュートリアルさん以来の完全優勝。

橋本:そのためにも、当日までにもっと面白い漫才に仕上げたい。

鰻:あとは神頼みですね。去年は2カ所の神社でしたが、今年は14カ所行きます。

■スリムクラブ

真栄田賢:内間(政成)さんへの理解を積み重ねた成果が決勝進出につながりました。うちのマンションのフリースペースにあるホワイドボードにネタのアイデアを書きまくって。

内間政成:ネタの意図や役割を説明してもらって、チームプレイがやっと理解できた1年でした。いつも付き添ってくれた相方に感謝です。

真栄田:こんな風にコンビの結束が強くなって、今はディープキスできるくらいです(笑)。

内間:ネタ中も見つめ合って、“ウッシッシ ”ってできた。

真栄田:下半期のベストフレーズ出たね! 狙うは初の沖縄出身王者。賞金はサンゴ保護に使います。

■ハライチ

岩井勇気:最近作ったネタのぶん、新鮮にやれたのがいい結果につながりました。

澤部佑:準決勝は楽しめました。“ゾーン”に入ったかと思うほど。

岩井:前回は9位で地獄を味わったので、もう開き直っています。初めて決勝進出したコンビに負けてられませんよ、全員敵です! 相方のおまえさえ敵視してるからね。

澤部:俺は味方だから、大丈夫だよ…。まあ、決勝は3回連続ですけど、5位、7位、9位…。ここまで下がったら、あとは上がるだけ。いける気持ちしかありません!

岩井:僕らは今年で30代に入りましたけど、漫才が好きな気持ちと夢がM-1優勝なのはずっと一緒です。

■スーパーマラドーナ

武智:前回の決勝はちょっと浮かれましたね。今年は優勝だけを狙います。

田中一彦:僕はただただ武智さんに付いていくだけですね。

武智:誰がお前に付いていくか!

田中:怖いわ〜。2年連続の決勝ですけど、3組もいるからアピールにはならないですね。

武智:(無視して)準決勝でやったネタは、新しく作ったまだまだ成長中のネタなんです。伸びしろがまだあるので、決勝までに完璧に仕上げます。

田中:へえ〜、どう仕上げるんやろ?

武智:地獄のネタ合わせやで、おまえにとってはな!

■さらば青春の光

森田哲矢:今年の「キングオブコント」で2回戦落ちして以来、漫才に焦点を合わせてきました。

東口宜隆:気になるファイナリストはカミナリ。気になる若手でずっと意識しています。

森田:夏くらいからメキメキ腕を上げていく姿を見て、決勝に来るって思っていました。

東口:決勝当日はとにかくネタを2本やって、漫才での僕らを印象付けたいですね。

森田:自信のあるネタをさらに仕上げてゴリッゴリに笑わせます。

東口:コントもやる僕らならではの漫才に注目してください。

森田:結果を残して、営業仕事につなげたいです!

【取材・文=小島研一】