左2番目からステファニー役のジョディ・スウィーティン、キミー役のアンドレア・バーバー、D.J.役のキャンディス・キャメロン・ブレ
 - (C) Netflix. All Rights Reserved.

写真拡大

 もしも自分のお母さんが突然メディアに出るようになったら……という漫画みたいな展開を実際にやってのけたのが、人気海外ドラマ「フルハウス」に出演していた女の子たち。12月にシーズン2が配信される「フラーハウス」に登場するジョディ・スウィーティン、アンドレア・バーバーが、実の子供たちが自分の母親がスターだと実感したときの反応に思わずクスッとしてしまったエピソードを明かした。

 シーズン2の撮影中にインタビューに応じた、タナー家の長女D.J.役のキャンディス・キャメロン・ブレ、次女ステファニー役のジョディ、二人の友人・キミー役のアンドレアの3人。彼女たちがメインキャストとして出る「フラーハウス」は、「フルハウス」の約20年ぶりの続編。当時はまだ少女だった彼女たちも、今ではすっかり実生活でもママに。だがもちろん彼女たちの子供が、「フルハウス」をリアルタイムで見たことはない。ジョディの娘は彼女が写っている新作の広告を見つけて、「マミー!!!! マミーがいるよ!!!」と大騒ぎしていたという。

 家族が大はしゃぎしている様子を思い返したジョディは、「最近は一番年上の長女が、(ちょっと生意気な感じで)『有名人になったのね』なんて言ってくるの。だから『それでも、あなたたちの就寝時間の管理は続けるわよ』って言い返しているわ」と大笑い。

 一方本作のシーズン1をもって女優に復帰したアンドレアの子供たちは、買い物先で店員にママを一生懸命アピールしていたという。「9歳の娘は、最高にクールなことだと思ったらしくて、大手量販店チェーンの店員を含めてありとあらゆる人に自慢していたの」。そして息子のほほえましい姿も目撃。「息子は『僕はもう12歳だから。フルハウスもフラーハウスも子供じみているから見ないよ』とかっこつけていたんだけど、隠れて見ているところを発見したわ」と暴露。芸能界から離れ学校で働いていたママが、いきなり女優になった。その変化に驚きつつも対応する、愛する子供たちの様子にアンドレアはニンマリとしていた。

 またキャンディスの家族は、ジョディやアンドレアの子供のように大はしゃぎすることはなかったというが、息子からはある忠告を受けてしまったという。彼女は「息子たちは『ママ、僕のInstagramに絶対タグ付けしないでね』と言ってくるの(笑)。『ママのファンがフォローするようになっちゃうから。知らない人にフォローされたくない』と。タグ付け禁止なの(笑)」とクールな反応の息子にある種の成長を感じていたようだ。(編集部・井本早紀)

「フラーハウス」シーズン2はNetflixで12月9日より全世界同時配信