1日、中国の深刻な大気汚染に関してこのほど男性が河南省鄭州市を訴え、話題になっている。写真は鄭州市。

写真拡大

2016年12月1日、中国の深刻な大気汚染に関してこのほど男性が河南省鄭州市を訴え、話題になっている。澎湃新聞網が伝えた。

原告の男性は20代の若者で、環境保護団体に所属しボランティア活動を行っている人物。先月20日に鄭州市に出張した際、同市の大気汚染がひどいことが気になり環境保護部の公式サイトで大気汚染のデータを検索したところ、当日同市の空気質指数(AQI=大気汚染の程度を示す指標)は、6段階のうち上から2番目の重度の汚染であることが分かった。

男性は政府の大気汚染対策を庶民が監督するべきだと考えており、その一環として鄭州市を訴えることにしたという。男性は中国の「環境保護法」と「大気汚染防治法」の規定に則ると鄭州市は市内の環境の質に責任を取るべきとし、鄭州市に出張期間中に大気汚染が原因で購入したマスク代の賠償を求めている。河南省の裁判所は起訴を受理したことをすでに鄭州市に通知しており、現在鄭州市の対応が待たれている。(翻訳・編集/内山)