日々の服装は“自分とはどんな人間か?”を表現するうえで重要なツールです。「女子ウケ」「同性モテ」といった言葉もあるように、ファッションは必ずしも異性にモテるためだけに楽しむものではありません。とはいえ「今よりもモテたい!」という強い思いがあるのなら、一度自分のファッションを見直してみるのも大切かも……。


今回は今よりもモテるための「非モテファッション打開策」を考えてみたいと思います!

その1.不衛生な服装はモテない


穴が空いているようなボロボロの服を着たり、臭くて不衛生な服を着ていたりしたら、誰だって良い印象は受けませんよね。自分では気づいていないかもしれませんが、毛玉だらけの服や過度なタバコの臭いなどが付いている服は悪印象。こまめにチェックしましょう!

打開策:清潔感が一番大事


「ファッションを変えてモテたい」というのであれば、その基本は清潔感! 男女問わず清潔感のないファッションを好むという人は少ないので、より多くの異性に良い印象を持たれたいのなら、清潔感を第一に考えるべきでしょう。当然、メイクも濃すぎるより「ナチュラル」に見せる方が得! 真っ黒で目の周りを囲むよりも、ほんわりした印象に仕上げるほうが好感度は上がるはず。

もちろん人それぞれ好みは違いますが、「ファッションに自信がない」という女子の場合、より一般的に好印象を与えるように心がけることが「今よりモテる」ための一歩と言えるはずです!

その2.二次元すぎる洋服アイテムはモテない


自分が好きでやっているのなら良いのですが、「モテたい」という気持ちを優先させるなら二次元的すぎるファッションは卒業するべき。

・猫耳のフードがついたパーカー
・大きなキャラクターが描いてある服
・フリフリのレースがついたピンクのお洋服
・高い位置で結んだリボン付きのツインテール
・真っ白のニーハイソックス

こういったファッションは一部の人から絶大な支持を受けますが、幅広くモテたいなら卒業した方が無難です。

打開策:“普通”の女性ファッション誌をチェック



モテるためのファッションといえば、かつては赤文字系の清楚でコンサバなファッションが取り上げられていました。しかし、最近のファッション誌の傾向や街行く女性を見ると、よりシンプルでカジュアルなファッションがトレンドだと分かります。そこで、ベースがコンサバファッションでも、どこかにカジュアルさやシンプルさを取り入れるのがポイント!

ただし、カジュアルやシンプル=地味というわけではありません。清潔感があって、最低限の女性らしさを兼ね最大公約数的に備えたカジュアルなファッションがモテるのであって、ただ地味にすれば良いというわけではないのです。

その3.全体的な統一感のあるファッションがモテる


ではカジュアルでもおしゃれに見える、「モテるカジュアルファッション」のポイントはどこにあるのでしょうか? ポイントはあなたが醸し出す全体感です。

たとえば、中村アンちゃんや高橋愛ちゃん、田丸麻紀さんのように、上から下までユニクロを取り入れていてもおしゃれでかっこいい人はたくさんいますよね。それは全体の統一感があるから。では統一感とはどうやって作り出すのでしょうか?

打開策3:メイク+ヘアスタイル+小物


全体の統一感を出すためには、服だけでなくメイク、ヘアスタイル、小物を同じ系統にすることが大切です。

・全身カジュアルなのに、顔はバッチリアイラインの囲み強めメイク……
・すっぴん+プチプラファッション+ぼろぼろのスニーカーなのに、バッグだけが新品のルイ・ヴィトン……

こんな風にそれぞれの系統が異なっていると統一感が失われ、チグハグな印象を与えてしまいます。

結論! モテファッションとは?


ここまでをまとめると、「今よりもモテる」ためのポイントとは……

・とにかく清潔感があることが大切
・二次元ファッションを卒業して、カジュアルでシンプルな服装にシフト
・地味にならないためには、メイク+ヘアスタイル+服装を統一することが大事

以上が「最大公約数的なモテ」の話。つまり一番無難なモテファッションです。

ただ、「そんなこと言われなくてもわかってるよ!」というおしゃれ女子は、とにかく「好きな男性の好み」を知ることが大切ではないでしょうか? 自分が憧れている、自分が気になっている男性がいれば、その相手のファッショに近いジャンルの服装をする。あるいは、彼の好みを直接聞くのも有効。

自分のファッションセンスや信念を曲げてでも「好かれたい」というのなら、これが一番手っ取り早いのです。ただし、「その恋が実らなかったときに、自分は後悔しないか?」ということをつねに自問自答することをオススメします!
(ヤマグチユキコ)